マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ初…レッサーパンダ一般公開へ=12月19日から石排灣郊野公園で

観光2016/12/17 09:59

マカオ政府民政総署(IACM)は12月16日、レッサーパンダのつがい、オスの烙烙とメスの燑燑(ともに3歳)について、同月19日からコロアン島の石排灣郊野公園で一般公開すると発表した。

つがいは今年11月に中国・四川省のジャイアントパンダ保護研究センターから送り出されたもので、すでに30日間の隔離検疫を終え、健康状態も良好で、マカオの飼育環境に適応しているとのこと。

レッサーパンダは中国の国家2級保護動物となっており、マカオでの飼育、展示は今回が初めてのケースとなる。

なお、オスの烙烙はやんちゃで好奇心旺盛、メスの燑燑はおとなしくシャイな性格という。

マカオで一般公開されるレッサーパンダのつがい(左がオスの烙烙、右がメスの燑燑)=マカオ・石排灣郊野公園(写真:IACM)

マカオで一般公開されるレッサーパンダのつがい(左がオスの烙烙、右がメスの燑燑)=マカオ・石排灣郊野公園(写真:IACM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年2月24日発刊 (3月号 vol.093」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース