マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオでヒトへの鳥インフル感染確認=患者は広東省でニワトリ飼育の72歳女性

社会・政治2017/01/13 08:58

マカオ政府衛生局は1月12日深夜に緊急記者会見を開き、マカオで輸入性の鳥インフルエンザ(H7N9型)感染が確認されたことを明らかにし、市民に対して予防策を講じるよう呼びかけた。

患者は平時は中国・広東省中山市にクラス72歳のマカオ永久居留権保有者の女性で、高血圧や糖尿病などの慢性疾患を持っているという。今月8日に発熱や咳の症状が出たことから同市内の医療機関に入院し、9日に退院。10日に家族が自家用車でマカオとの陸路の玄関口に当たる珠海市の拱北イミグレーションまで送り、車椅子でマカオ側の關閘イミグレーションまで移動した後、救急車を呼んで仁伯爵綜合医院の救急外来を受診した。この際、患者は生きた家禽との接触歴があることを話さなかったことから肺炎と診断され、同医院に入院。その後、患者の鼻咽頭の分泌物サンプルを公共衛生研究所で検査したところ、12日になってH7N9鳥インフルエンザウイルスに陽性反応を示したことが確認された。目下、患者は発熱がみられるものの、病状は安定しており、同医院の隔離病棟で治療を受けているという。

なお、鳥インフルエンザ感染が確認された後、医療スタッフの質問に対して中山市の自宅でニワトリを飼育していること、日頃から生きた家禽を取り扱う市場に出入りしていたと話したという。

マカオ政府衛生局による緊急記者会見の様子=2017年1月12日(写真:GCS)

マカオ政府衛生局による緊急記者会見の様子=2017年1月12日(写真:GCS)

流行疫学調査の結果、43人の密接接触者と23人の一般接触者が確認され、大半が患者の家族、患者を搬送した救急隊員及び仁伯爵綜合医院の関係者だった。患者と最後に接触した日から10日間のマスク着用と医療観察を受ける。また、密接接触者については、タミフルを5日間服用するという。

衛生局疾病予防コントロールセンターの林松主任は、今後2〜3月が鳥インフルエンザの流行ピークにあたり、マカオでも輸入性事案が増える可能性があるとした上、福建省、広東省、江蘇省といった多くの感染が確認されている場所を訪れる際には、一層の注意が必要であるとした。

マカオの公立大型総合病院、仁伯爵綜合医院(資料)—本紙撮影

マカオの公立大型総合病院、仁伯爵綜合医院(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 7月24日発刊 (8月号 vol.074」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース