マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

4Gネットワーク導入時期、早くて2015年末以降か

産業・経済2014/06/08 13:23

マカオのモバイルネットワークについて、速度、費用、安定性ともに近隣地区と比較して遅れていると言わざるを得ない。香港では2年前から4Gサービスがスタートしている中、マカオでは未だ全く具現化のメドが立っていない状況だ。政府は今年(2014年)にも4Gサービス免許に関する具体案の取りまとめを目指すとしているが、すでに半年が経過した現在も進捗は見られない。

昨年末のマカオ立法議会で、4Gサービス導入時期に関して議員の質問を受けた電信管理局は、草案作成の最終段階にあり、2014年中に4Gサービス免許に関する具体案の取りまとめを目指すと回答。その後、同局では今年5月にも今年中を同様の見解を示しており、具体的なスケジュールは示されていない。

マカオでも、2年前から地元携帯電話キャリアが4Gサービス免許の発給、新しい周波数のモバイルネットワークへの開放を政府に要望している。携帯電話キャリアによると、すでにマカオの3Gネットワークは飽和状態にあり、いわゆる「パケ詰まり」問題も発生していることから、4Gサービス開始によりユーザーの分散を図りたい意向もある。マカオでもスマートフォンの普及が進み、モバイルデータ通信に対する需要は年々高まっている。

現在、マカオに4社ある携帯電話キャリアのうち、3社が中国本土、香港で4Gサービスを展開済みのため、マカオにおける4Gサービス導入に関しても蓄積されたノウハウの活用によりスムーズに展開できると予想される。

仮に電信管理局が示す今年中に4Gサービス免許に関する具体案が示されたと仮定して、その後、政府による入札及び審査、ライセンス獲得社によるネットワーク敷設、基地局建設、政府とのサービス価格調整、宣伝活動などのプロセスに約1年半ほどの時間が必要とみられる。実際にマカオのユーザーが4Gサービスを利用できるようになるのは、2015年末以降まで待たなくてはならない。

マカオの携帯電話サービス(写真はイメージ)—本紙撮影

マカオの携帯電話サービス(写真はイメージ)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年7月26日発刊 (8月号 vol.110」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース