マカオ人が世界紙飛行機選手権で表彰台の快挙=香港代表枠で特例出場

5月8、9日、オーストリアのザルツブルクで開催された紙飛行機の世界大会「レッドブル・ペーパーウィングス2015」の決勝で、マカオ人の馬英(マ・イェン)さんが最長滞空時間部門で2位で表彰台に立ったほか、マカオチームが最優秀チームに選ばれる快挙を成し遂げた。なお、同大会にはマカオ地区予選がなく、馬さんらは香港地区予選を経て特例出場したため、公式記録では「香港」所属となっている。

「レッドブル・ペーパーウィングス」は2006年から3年に1度開催されている大会で、世界の大学生と専門学校生を対象としている。4回目となる今回大会には4万6000人以上が参加したという。大会は最長飛行距離部門、最長滞空時間部門、曲芸飛行部門の3部門で争われる。最長飛行距離部門と最長滑空時間部門で使用する紙飛行機はA4サイズの紙1枚のみを使うシンプルなもので、動力装置は一切使用しない。曲芸飛行部門では事前に制作した飛行機を持参し、機体の構成、芸術性・デザイン性などの創造性、飛行時のパフォーマンスの3つの基準での評価となる。2015年大会の結果は以下の通りとなった。

■最長飛行距離部門決勝成績
1位:ヴェセリン・イヴァノフ(ブルガリア)53.22メートル
2位:ジョヴィカ・コツリカ(クロアチア)51.22メートル
3位:加治屋祐輝(日本)50.05メートル

■曲芸飛行部門決勝成績
1位:アヴェディス・チャミチアン(レバノン)50ポイント
2位:トマス・チョディラ(ポーランド)47ポイント
3位:ライアン・ナッカラト(米国)46ポイント

■最長滞空時間部門決勝成績
1位:カレン・ハンバーツミアン(アルマニア)14.36秒
2位:馬英(香港)13.76秒
3位:林洋平(日本)12.18秒

このほか、総合21ポイントを獲得した香港が最優秀チームとなっている。

マカオメディアの報道によると、馬さんらメンバー3人はマカオ大学などに通うマカオ人の学生という。同大会ではマカオ地区予選が開催されないことから、メンバーが直接主催者と交渉し、今年3月に開催された香港地区予選に特例で参加することができ、3部門すべてで優勝し、決勝に駒を進めたという。

香港とマカオはライバル関係にあることから、世界大会で好成績を残したマカオ人が香港代表として取り扱われることに複雑な感情を示す意見がSNS上で多数見受けられたが、当事者の馬さんらは地元メディアの取材に対して「今回の結果によって、主催者も次回以降のマカオ地区予選開催を検討するはず」と前向きなコメントをしている。

「レッドブル・ペーパーウィングス2015」最長滞空時間部門で2位の好成績を収めた馬英さん=オーストリア・ザルツブルク(写真:GCS)

「レッドブル・ペーパーウィングス2015」最長滞空時間部門で2位の好成績を収めた馬英さん=オーストリア・ザルツブルク(写真:GCS)


「レッドブル・ペーパーウィングス2015」最長滞空時間部門の試合に臨む馬英さん=オーストリア・ザルツブルク(写真:GCS)

「レッドブル・ペーパーウィングス2015」最長滞空時間部門の試合に臨む馬英さん=オーストリア・ザルツブルク(写真:GCS)


香港代表枠で出場したマカオ人チームが「レッドブル・ペーパーウィングス2015」で最優秀チームに輝いた=オーストリア・ザルツブルク(写真:GCS)

香港代表枠で出場したマカオ人チームが「レッドブル・ペーパーウィングス2015」で最優秀チームに輝いた=オーストリア・ザルツブルク(写真:GCS)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)グランドリスボアパレス(上葡京)で4月22日、世界…
  2.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社は4月22日、マカオ特別行政区の成立25周…
  3.  マカオ政府統計センサス局(DSEC)は4月22日、今年(2024年)3月及び1〜3月累計の訪マカ…
  4.  マカオを中心にアジア、欧州で統合型リゾート(IR)施設の開発・所有・運営を行うメルコリゾーツ&エ…
  5.  マカオ治安警察局は4月21日、自動車の運転者と歩行者の安全を確保するため、マカオ域内の各所でキッ…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun