香港→マカオ片道交通費無料キャンペーンが拡充…高速船も対象に=国際旅客誘致策の一環

 マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施している香港→マカオ片道交通費無料キャンペーンの対象交通機関が2月1日から拡充されることがわかった。

 同局が1月30日に発表した内容によれば、従来の対象交通機関は香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港珠澳大橋経由の陸路で直通するクロスボーダーバス「澳門香港機場直達(Macao HK Airport Direct)」のみだったが、2月1日からは「噴射飛航(TurboJet)」と「金光飛航(Cotai Water Jet)」の高速船2社が加わる。高速船については香港の市街地を出発する便が対象という。本キャンペーンを利用できるのはグレーターチャイナ(中国本土・香港・マカオ・台湾)以外の「国際旅客」で、日本からの旅客も利用できる。無料チケットの提供枠には限りがあり、なくなり次第終了するとのこと。同局が明らかにしたクロスボーダーバス及び高速船の片道無料に関する条件等は下記の通り。

・クロスボーダーバス
キャンペーンの実施期間は(2024年)2月1日〜8月31日で、国際旅客が各地から空路香港国際空港へ到着した後、制限エリア内の直通バスカウンターで有効な旅行証券(パスポート等)と香港ボーディングパスを提示することで香港国際空港からマカオへ向かうルートの無料チケットと引き換えできるとのこと。
澳門香港機場直達公式サイト→ https://www.macauhkairportbus.com/

*本紙補足:香港国際空港の直通バスカウンターは香港入境審査カウンター手前のトランスファーエリア(E2)にあり、一度入境審査を通過すると基本的に後戻りできなくなるため、本キャンペーンの利用を検討するにあたっては、事前に空港マップ等でカウンター位置を確認しておきたい。また、出発地の空港で預け入れをした荷物は、バスカウンターでの手続き時にバゲージタグを提示して登録することで、マカオで受け取る手配がなされる。

・高速船
キャンペーンの実施期間は(2024年)2月1日〜7月31日で、香港訪問を目的とした国際旅客に香港からマカオへの片道無料チケットを提供するもので、香港側のフェリーターミナルの窓口で有効な旅行証券(パスポート等)とマカオへ向かう前7日以内の香港到着時のボーディングパス、Eチケット、交通レシートを提示することで事前予約チケットと引き換えできるとのこと。
噴射飛航公式サイト→ https://www.turbojet.com.hk/tc/
金光飛航公式サイト→ https://hk.cotaiwaterjet.com/

マカオ政府旅遊局が国際旅客誘致策の一環として実施する香港→マカオ片道交通費無料キャンペーンのイメージ(図版:MGTO)

 参考までに、直通バスの普通運賃は大人片道280香港ドル(日本円換算:約5300円)、高速船の普通運賃(曜日や時間帯により変動)は175〜220香港ドル(約3300〜4200円)。

 マカオでは、アフターコロナでインバウンド旅客数が急回復し、その勢いを維持しているが、グレーターチャイナと比べて国際旅客の戻りが遅れていることが指摘されている。同局では、香港国際空港の持つ広いネットワークを活用してマカオへの誘客を図りたい考えで、片道交通費無料キャンペーンの実施を通じ、国際旅客のマカオ渡航意欲を喚起し、旅客ソースのダイバーシティを進めたいしている。

 また、同局では今年にかけて香港に立ち寄る国際クルーズ船の国際旅客に対しても香港停泊中にマカオを訪れるツアーを提供するとし、すでに12の運航会社が販売を行っているとのこと。

マカオ政府旅遊局が国際旅客誘致策の一環として実施する香港→マカオ片道交通費無料キャンペーンの告知フライヤー(図版:MGTO)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計調査局(DSEC)は2月23日、今年(2024年)1月の訪マカオ外客数(インバウン…
  2.  マカオ政府統計調査局が2月23日に公表した資料によれば、今年(2024年)1月の総合消費者物価指…
  3.  マカオ治安警察局は2月23日、マカオのタクシー車内で拾ったスマホを届け出せずに着服、転売したとし…
  4.  マカオ政府教育・青年発展局(DSEDJ)は2月23日、同日アメリカの元プロバスケットボール選手で…
  5.  在香港日本国総領事館は2月23日、マカオ・コタイ地区の統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオ内…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)によれば、2024年1月31日までの期間限定で成田・…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  5.  日本の女性アイドルグループ「高嶺のなでしこ」が2月1日にマカオ・コタイ地区にあるロンドナーシアタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年3月号
(vol.129)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun