マカオ政府、市民向け現金支給8年連続実施へ=1人あたり13.8万円

マカオ政府が2008年から毎年実施している市民への現金支給について、8年目となる今年(2015年)の支給を7月初旬から9月中旬にかけて実施する見通しとなった。

6月18日のマカオ行政会において2015年現金支給プラン関連法案の審議が終了したことから、月内にも正式発効する。

法案の内容によると、支給対象は2014年12月31日時点で有効なマカオ特別行政区永久性居民(=マカオ永久居留権保有者)または非永久性居民(=マカオ居留権保有者)身分証を保有している者。

支給金額はマカオ特別行政区永久性居民が9000パタカ(日本円換算:約13.8万円)、非永久性居民が5400パタカ(約8.3万円)で、いずれも前年と同水準。支給スケジュールと方法については、7月6日から9月中旬の間、年金受給者、公務員、税金還付用口座登録者などが銀行振込、その他については記名式小切手を郵送するかたちで段階的に実施する予定。なお、未成年者については保護者宛に小切手を送付する。

マカオ政府では、今回の現金支給に伴う歳出としては58.35億パタカ(約897億円)を見込んでいる。

政府は広く市民に対して現金支給を行う理由として、インフレ対策や富の還元などを挙げている。カジノ税収による潤沢な財源余剰が源泉となる。

マカオ特別行政区による現金配布で市民に郵送される小切手の例(写真は2014年度のもの)—本紙撮影

マカオ特別行政区による現金配布で市民に郵送される小切手の例(写真は2014年度のもの)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)グランドリスボアパレス(上葡京)で4月22日、世界…
  2.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社は4月22日、マカオ特別行政区の成立25周…
  3.  マカオ政府統計センサス局(DSEC)は4月22日、今年(2024年)3月及び1〜3月累計の訪マカ…
  4.  マカオを中心にアジア、欧州で統合型リゾート(IR)施設の開発・所有・運営を行うメルコリゾーツ&エ…
  5.  マカオ治安警察局は4月21日、自動車の運転者と歩行者の安全を確保するため、マカオ域内の各所でキッ…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun