カジノ低迷のマカオ、大型IR「パリジャン」開業時期延期へ=2016年下半期メド

マカオのカジノ売上が昨年(2014年)6月から今年7月まで14ヶ月連続で前年実績を下回り、市場低迷が長期化の様相を呈している。目下、再開発エリアのコタイ地区では、マカオの経営権を持つ6陣営を中心に大型IR(統合型リゾート)建設プロジェクトが進んでいるが、一部で進捗の遅延が見受けられるとも伝えられている。

マカオの日刊紙「澳門日報」が8月20日付紙面で報じた記事によると、マカオのカジノ経営権を持つ6陣営の一角で、米ラスベガスサンズグループ系のサンズチャイナがマカオ当局に対して新規大型IR「パリジャン」の土地利用時期の延期を申請したという。落成時期は2016年下半期になる見通し。当初の計画では2015年末とされていた。なお、6陣営がコタイ地区において開発を進める大型IRプロジェクトの中で、今回が初めての開幕時期延期となる。

同紙は消息筋の話として、昨今の中国株式市場の株価下落や人民元切り下げなどといった外的不安定要因に対して慎重な姿勢が見受けられるとの見方を延期の理由として挙げている。また、メルコ・クラウン・エンターテインメントの「スタジオ・シティ」が今年10月、ウィンリゾーツの「ウィンパレス」が来年3月の開幕を発表しており、開幕時期の後倒しによる競合回避を図った可能性も指摘されているとのこと。

昨今のマカオのカジノ売上の下落は、主にVIPルームの不振に伴うもの。サンズチャイナは早くからマスマーケット主体のビジネスモデルを構築しており、VIPルームへの依存度が低く、6陣営の中では最も健全な財務体質といわれる。同紙では、マカオの学者はキャッシュフローは今回の遅延の主要因ではないだろうとのコメントも紹介している。

サンズチャイナが昨年12月に発表した内容によると、「パリジャン」はカジノ、客室数3000室規模のホテル、フロア面積49万平米のショッピングモール、コンベンション・エキジビション施設などから成る複合施設。フランスのパリがテーマで、施設正面に敷地内に2分の1スケールのエッフェル塔のレプリカが建てられるという。プロジェクト総工費は27億米ドル(日本円換算:約3346億円)。

マカオの大型IR「パリジャン」建設現場。アイコン的存在となる2分の1スケールのエッフェル塔も姿を現している=2015年8月—本紙撮影

マカオの大型IR「パリジャン」建設現場。アイコン的存在となる2分の1スケールのエッフェル塔も姿を現している=2015年8月—本紙撮影

マカオの大型IR「パリジャン」建設現場。写真は背面にあたる。右隣は今年10月開幕予定の「スタジオ・シティ」=2015年8月—本紙撮影

マカオの大型IR「パリジャン」建設現場。写真は背面にあたる。右隣は今年10月開幕予定の「スタジオ・シティ」=2015年8月—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計調査局は4月19日、今年(2024年)2月の飲食業と小売業に関する景気調査結果を公…
  2.  4月19日付のマカオ特別政府区公報に「不動産需要管理に関する税制措置の撤廃」法が掲載され、翌日(…
  3.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカップマカオ…
  4.  マカオではアフターコロナで社会・経済の正常化が進んだ昨年(2023年)から歩行者による禁止場所で…
  5.  マカオは長く本格的な鉄道が存在しなかったが、2019年12月に新交通システム「マカオLRT」タイ…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun