マカオ、11歳女子児童がブルセラ症に感染=25年来初、感染源調査中

マカオ政府衛生局は9月1日夜、地元マカオの11歳の女子児童がブルセラ症(波状熱)に感染していたことが確定したことを明らかにした。記録の残る過去25年来で初めての感染例という。

ブルセラ症はグラム陰性球桿菌を病原体とするウシ、イヌ、ブタ、ヤギ、ヒツジといった動物からヒトに伝播する人獣共通感染症のひとつ。感染動物との濃厚な接触や、未殺菌の乳製品の摂取によって引き起こされるといい、地中海、東アフリカ、中南米、中東などで感染令が多く見受けられるという。潜伏期間は5〜60日で、感染初期は風邪に似た症状だが、脳膜炎や脳炎を伴う重症化により死に至ることもあり、治療には抗生物質を用いるとのこと。

マカオでブルセラ症感染が確定した女子児童は、8月10日に発熱、上唇潰瘍、発疹、12日になって左肘関節痛の症状が相次いで現れたという。その後も症状が改善せず、同月19日に仁伯爵綜合医院の救急外来を受診し、入院治療を行ってきた。なお、すでに容体が回復して退院しており、合併症なども見受けられないとのこと。

女子児童は潜伏期間にあたる過去2ヶ月の大半をマカオで過ごしていたといい、8月9日に香港の体育館で行われたイベントへ出かけたことを除き、公園や郊外へ出かけたこともなかったという。未殺菌乳製品や、生の肉類を摂取歴もない。自宅でイヌを飼っておらず、隣家が飼っているイヌについても特に異常は認められなかった。マカオ政府衛生局では、感染源、感染ルートの特定に向けた調査を進めているとしている。

マカオの仁伯爵綜合医院(資料)—本紙撮影

マカオの仁伯爵綜合医院(資料)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで7日間にわたって開催された「ITTF(国際卓球連盟…
  2.  マカオでは、ひと頃に比べて状況は落ち着いたものの、依然として悪質タクシーが暗躍しており、市民や観…
  3.  マカオ治安警察局の発表によれば、4月19日から同日からポルトガルとシンガポールのパスポート保有者…
  4.  マカオ司法警察局は4月19日、同月17日にマカオの公共の場所でフィリピン人とみられる男らが集まっ…
  5.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで開催中の「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカッ…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun