幻の優勝から20年…ヤルノ・トゥルーリ氏がGP開催月のマカオを再訪=ワイン生産者として

元F1ドライバー(1997〜2011年参戦)で、2004年のモナコグランプリで優勝経験を持つイタリア人ドライバー、ヤルノ・トゥルーリ氏。日本のテレビ中継では「情熱ファンタジスタ」のニックネームで呼ばれ、高い知名度と人気を誇った。

目下、マカオは年に一度のモーターレースの祭典、第62回マカオグランプリを約2週間後に控え、街はグランプリムード一色となっている。トゥルーリ氏も、F1参戦の前年、1996年のF3マカオグランプリに出場した経験を持つ。この際、トップを走っていた選手がクラッシュしたため、2位につけていたトゥルーリ氏が最初にゴール。しかし、レッドフラッグが振られていたことから、トゥルーリ氏の優勝は幻となり、今なおファンの記憶に残る大会として語られる存在だ。

F1引退後のトゥルーリ氏は、2014年から電気自動車のフォーミュラカーによるチャンピオンシップ、フォーミュラEに自身の名を冠したチームを率いて、そしてドライバーとして参戦している。また、F1ドライバーとして活躍していた15年前から、イタリア・アブルッツォ州にある200年以上の歴史を誇るワイナリー、ポデーレ・カストラーニのオーナーとして、ワイン生産を手がけていることでも知られる。

11月8日、トゥルーリ氏が「幻の優勝」からおよそ20年ぶりにマカオの街を訪れた。同日夜、マカオ・コタイ地区のシェラトンマカオホテルのイタリアンファインダイニング「ベネ」でワインペアリングイベントを主催し、オーナーとしてポデーレ・カストラーニのワインのプロモーションを行った。

トゥルーリ氏はイベントの中で「忍耐と情熱の双方が必要で、チームとして協力することの大切さがワイン作りとF1レースの共通点だ」と紹介。また、「公道サーキットの準備が進むマカオの街を見て、20年前にここでレースに参加したのを思い出すことができ、とてもアメージングな気持ちだ」と感慨深げに再訪の感想を述べた。

自身の名を冠した赤ワイン「ヤルノ・レッド」のボトルを掲げるヤルノ・トゥルーリ氏=11月8日、シェラトンマカオホテル(写真:Sheraton Macao Hotel, Cotai Central)

自身の名を冠した赤ワイン「ヤルノ・レッド」のボトルを掲げるヤルノ・トゥルーリ氏=11月8日、シェラトンマカオホテル(写真:Sheraton Macao Hotel, Cotai Central)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は5月27日、同月12日にコタイ地区にある統合型リゾート(IR)併設ホテルの客室…
  2.  マカオ司法警察局は5月27日、食材の横流しに関わったとしてマカオの食品会社に勤務する海外労働者(…
  3.  マカオ司法警察局は5月27日、不正行為によりマカオのカジノ運営企業から約454万香港ドル(日本円…
  4.  マカオ政府体育局とマカオの統合型リゾート(IR)運営企業ギャラクシーエンターテインメントグループ…
  5.  マカオ政府統計・センサス局は5月27日、今年第1四半期(2024年1〜3月)にマカオで開催された…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun