香港の繁華街でデモ隊と警官隊が衝突=在香港日本国総領事館が在留邦人に注意喚起

春節(旧正月)元旦にあたる2月8日夜から9日未明にかけて、香港・九龍半島の繁華街として知られる旺角(モンコック)地区で警官隊とデモ隊が衝突し、双方に多くの負傷者が出た。

在香港日本国総領事館は2月9日午前、現地在留邦人に対して緊急一斉メールを送信し、注意喚起を行った。呼びかけ内容は下記の通り。

■情勢に留意の上,報道等から最新情報を入手し,自身の安全確保に努めること。

■不測の事態に巻き込まれないよう,デモや集会の会場等には絶対に近づかないよう注意するとともに,移動にあたっては細心の注意を払って行動すること。

■デモ隊や群衆に遭遇した場合には,直ちにその場から離れ,安全な場所へ退避するよう努めること。

香港政府の発表及びマカオの政府系放送局TDMのラジオニュースの報道などによれば、事件は2月8日午後10時頃、香港当局が違法営業を行う露天商に対する取り締まりを実施した際、本土派(※この場合の本土は中国本土ではなく香港を指す)と呼ばれる急進勢力が露天商側に加勢したことがきっかけで発生したものという。デモ隊は100人規模に達したといい、混乱に乗じて放火や警察車両の破壊、警官や取材クルーへの襲撃を行い、警官隊は催涙ガスや上空に向けて威嚇発砲を行うなどして対応。デモは9日未明までに鎮圧され、デモに参加したとみられる17〜70歳の男女24人が逮捕された。また、80人を超える警察官と4人の地元放送局の記者が負傷したとのこと。

香港特別行政区の梁振英行政長官は9日午前の記者会見で、今回の事件を「暴動」と表現。催涙ガスの使用と威嚇発砲については鎮圧手段として適切だったとの見解を示し、徹底した責任追及と再発防止に努めると述べた。

なお、香港地下鉄MTRでは、2月8日深夜から9日午前9時45分にかけて旺角駅を閉鎖し、全列車を通過させる措置を講じた。

負傷した警察官を慰問に訪れた香港特別行政区の梁振英行政長官=2月9日、香港・明愛医院(写真:news.gov.hk)

負傷した警察官を慰問に訪れた香港特別行政区の梁振英行政長官=2月9日、香港・明愛医院(写真:news.gov.hk)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  中国共産党中央香港マカオ工作弁公室主任で、中国政府の香港マカオ政策担当部門にあたる国務院香港マカ…
  2.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社がマカオ特別行政区の成立25周年を記念して…
  3.  マカオ政府交通事務局は5月17日、同月16日未明にタクシー助手席でのシートベルト着用をめぐるトラ…
  4.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社がマカオ特別行政区の成立25周年を記念して…
  5.  マカオ司法警察局は5月17日、同月16日にコタイ地区のカジノ施設にあるVIPルームを対象に実施し…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun