「香港・マカオは地震がない」は本当か?=年平均2回の有感地震を観測、人的被害は報告なし

香港やマカオの市街地には「マッチ棒」と形容される細長い形の高層ビルが密集して建ち並ぶ。こういった町並みを指し、現地在留邦人や日本人観光客は口を揃えて「地震がないからねぇ」と言うが、果たして本当なのだろうか。

記者の香港・マカオ在住歴はおよそ8年になるが、小さな地震の揺れを感じたことは複数回ある。最も記憶に新しいものは3年前の2013年2月22日午前の地震で、マカオ半島旧市街地にある本紙編集部でも、テーブルの上に置いたコーヒーが波打つのがはっきり分かる程度の軽微な横揺れを数十秒間にわたって感じた。マカオの気象台にあたる地球物理気象局の発表によれば、震源地はマカオから約230キロ離れた中国広東省河源市東源県、地震の規模を示すマグニチュードは4.8、震源の深さは11キロだった。この日、同局には多くの市民から揺れを感じたとの報告が寄せられたという。

マカオ地球物理局のウェブサイトの地震情報コーナーを参照すると、歴史的にも地球物理資料的にもマカオは地震頻発地区には属さないとしつつ、マカオの東側には環太平洋地震帯、 西側には雲南・ヒマラヤ山南部地震活動地区などがあり、広東省・南シナ海は過去にマグニチュード6クラスの地震が発生したエリアでもあることから、地理的にそれらの影響を受ける地域であるとしている。

また、20世紀以降に広東省で発生したマグニチュード5以上の地震は1905、1911、1918、1952、 1969、1987年の6回あり、このうち最も規模が大きかったものは1918年2月13日に南澳で発生したマグニチュード7.3クラスの地震とのこと。

香港天文台のホームページにも地震関連の情報が掲載されており、香港では毎年平均2回の有感地震を観測しているというが、地震観測をスタートした1905年以降、一度も人的被害の報告はないとしている。

香港・マカオはいずれも広東省と陸続き。香港とマカオは海を隔てておよそ50キロの位置にある。これまで人的被害がなかったとはいえ、地震の影響が全くゼロではない地域というのが実際のところだ。

高層ビルが林立する香港のビジネス街(資料)=香港島ワンチャイ地区—本紙撮影

高層ビルが林立する香港のビジネス街(資料)=香港島ワンチャイ地区—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  中国共産党中央香港マカオ工作弁公室主任で、中国政府の香港マカオ政策担当部門にあたる国務院香港マカ…
  2.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社がマカオ特別行政区の成立25周年を記念して…
  3.  マカオ政府交通事務局は5月17日、同月16日未明にタクシー助手席でのシートベルト着用をめぐるトラ…
  4.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社がマカオ特別行政区の成立25周年を記念して…
  5.  マカオ司法警察局は5月17日、同月16日にコタイ地区のカジノ施設にあるVIPルームを対象に実施し…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun