7月の訪マカオ旅客数5.5%増の279.5万人=宿泊伴う旅客が12ヶ月連続増、ホテルに値ごろ感

マカオ政府統計調査局は8月22日、今年(2016年)7月の訪マカオ旅客数統計を公表。月次の旅客数は前年同月から5.5%、前月(6月)から18.5%のそれぞれ増となる延べ(以下同)279万4855人に上った。

7月の訪マカオ旅客全体のうち、宿泊を伴う旅客が前年同月から12.4%増の145万5789人、日帰り旅客は1.0%減の133万9066人。旅客の平均滞在時間は1.2日で前年同月と変わらず。日帰り旅客の滞在時間は0.2日、宿泊を伴う旅客では2.1日だった。

かつて、訪マカオ旅客の大半が日帰りだったが、このところ、その差が縮小傾向にある。宿泊を伴う旅客の増は12ヶ月連続増で、前月に続いて日帰り旅客を上回った。昨今、マカオでは新ホテルの開業が相次いだことから客室供給数が増加しており、ホテル間の価格競争が進み、値ごろ感が出たことで需要を喚起したものとみられる。

7月の訪マカオ旅客のうち、居住地別で最多だったのは中国本土旅客で、前年同月から4.7%増の183万9397人。このうち個人旅客に限ると6.7%増の87万9423人だった。中国本土旅客が全体に占める割合は65.8%。

その他の主要居住地では、人数が多い順に香港が5.5%増の61万8611人、台湾が10.5%増の10万3297人、韓国が40.3%増の5万1992人、インドネシアが6.8%増の2万4853人、フィリピンが8.0%増の2万1791人、日本が4.5%減の2万703人と続いた。

今年1〜7月の累計訪マカオ旅客数は1755万9151人で、前年同期から0.9%増。このうち中国本土旅客は0.3%増の1158万791人で、全体の66.0%を占めた。

なお、マカオのカジノ監理当局DICJが8月1日に公表した資料によれば、7月の月次カジノ売上は前年同月から4.5%減の177.74億パタカ(日本円換算:約2230億円)、1〜7月の累計では10.5%減の1255.60億パタカ(約1兆5751億円)だった。

マカオ随一の観光名所、世界遺産・聖ポール天主堂跡=2016年7月-本紙撮影

マカオ随一の観光名所、世界遺産・聖ポール天主堂跡=2016年7月-本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府環境保護局(DSPA)は6月20日、同局が主催する2023年度「マカオグリーンホテルア…
  2.  マカオ治安警察局は6月19日、マカオ半島中区の路上のエンリケ航海王子大通りでパトロール中、路上で…
  3.  マカオ政府統計・センサス局は6月19日、今年(2024年)4月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  4.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオの運営会社は6月18日、来月(7…
  5.  マカオ司法警察局は6月18日、マカオで被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案に絡み、30代の香…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun