日本の花火が中秋節のマカオの夜空を彩る

マカオでは毎年秋の週末や祝日に大型花火大会「マカオ国際花火コンテスト」が開催されている。通常の花火大会と異なり、国や地域を代表して出場する花火製造メーカーによる作品の美しさを競うコンペティション形式を採用しているのが特徴だ。

今年(2016年)の第28回大会は9月3、10、15、24日及び10月1日(各日2チームの打ち上げ)に開催され、タイ、ポルトガル、英国、スイス、日本、韓国、イタリア、カナダ、ルーマニア、中国の代表チームが参加する。

中秋節にあたる9月15日、午後9時からおよそ20分間に渡って日本代表の東京・府中市に本社を置く丸玉屋小勝煙火店による華麗な花火がマカオの夜空を彩った。マカオでは中秋節翌日が休日となることもあり、打ち上げ会場に近い絶好の鑑賞スポットとなるマカオタワーや観音像周辺には多くの市民や観光客が集まり、花火が上がるごとに大きな歓声が沸いた。

日本はこれまで優勝7回、2位5回、3位2回を誇る強豪として知られるが、日中間の政治情勢の複雑化を受けて急きょ出場を辞退した2012年の第24回大会以降、不出場が続いていた。直近の出場は2011年の第23回大会まで遡り、実に5年ぶりの復帰となった。丸玉屋小勝煙火店は日本代表として複数回の出場歴を持ち、1993年の第5回で優勝、2007年の第19回大会で3位という成績を残している。今回のコンテストの結果は10月初旬に発表される予定。

マカオの夜空を彩る日本の花火=9月15日(写真:GCS)

マカオの夜空を彩る日本の花火=9月15日(写真:GCS)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府金融管理局は3月5日、今年(2024年)1月の貨幣・金融統計を公表。内容のサマリーは下…
  2.  マカオ治安警察局は3月4日、マカオの路上で拾ったスマホを届け出せずに着服したとしてマカオで就労す…
  3.  このほどマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ウィンパレス(Wynn Palace/永利…
  4.  マカオ政府衛生局(SSM)は3月4日夜、マカオで百日咳の感染者が1人確認されたと発表した。百日咳…
  5.  マカオ司法警察局は3月3日午前、治安環境浄化を目的とした同局組織犯罪調査部門の刑事ら防犯パトロー…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)によれば、2024年1月31日までの期間限定で成田・…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  日本の女性アイドルグループ「高嶺のなでしこ」が2月1日にマカオ・コタイ地区にあるロンドナーシアタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年3月号
(vol.129)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun