マカオのカジノで偽札使用相次ぐ…中国本土出身の男2人逮捕=カラーコピー版の高額紙幣計8枚

マカオ司法警察局は3月13日、同月11日、12日にマカオのカジノ施設で偽造1千香港ドル紙幣使用事件が相次ぎ発生し、中国本土出身の男2人を逮捕したと発表した。(1千香港ドル=日本円換算約1万4800円)

最初の事件は11日にコタイ地区のカジノ施設内のゲーミングテーブルで発生。40代の男が4枚の1千香港ドル紙幣をチップに両替するよう要求した際、ディーラーがこのうち3枚の紙質が粗いことに気付いたという。その後の調査で偽札と判明したため、上長を経由して警察に通報された。

12日の事件は新口岸地区にあるッカジの施設のキャッシャーで発生。30代の男がチップと両替するため5枚の1千香港ドル紙幣を差し出したが、担当者が偽札であると見抜き、すぐに警察に通報した。

両事件で使われた8枚の偽造1千香港ドル紙幣はいずれもカラーコピー版で、番号は不揃いだったとのこと。警察では、グループによる犯行も視野に入れ、偽札の入手経路などを詳しく調べているとしている。

マカオのカジノ施設でテーブルゲームに参加する際、現金ではなくゲーミングチップを使用する。ゲーミングチップは少し分厚いコインのような形をしており、額面によって色やデザインが異なるが、いずれも小さく軽い。現金からゲーミングチップへはカジノフロアにあるキャッシャーと呼ばれる窓口やゲーミングテーブルで、チップから現金はキャッシャーでそれぞれ簡単に両替することができ、双方向とも手数料はかからない。

*マカオの法定通貨はマカオパタカだが、市場では一般的に香港ドルがほぼ等価(実際には1香港ドル≒1.03パタカ)で流通している。特に、カジノや不動産取引の現場などで香港ドルを使うのが一般的とあり、事実上のマカオにおける主要流通通貨のひとつとして取り扱われている。

ゲーミングチップとバカラテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

ゲーミングチップとバカラテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  香港とマカオの間では、従来から両地の通関施設において双方の永久性居民身分証(永住権保有者用IDカ…
  2.  マカオ国際空港運営会社にあたるCAMは7月19日、同日午前4時35分(現地時間、以下同)に離陸中…
  3.  マカオ・コタイ地区の統合型リゾート(IR)シティ・オブ・ドリームズに併設する高級ホテル、グランド…
  4.  マカオ司法警察局は7月17日、海外からマカオへ国際クーリエを使って乾燥大麻を密輸したなどとしてマ…
  5.  マカオ治安警察局は7月18日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun