カジノ業界対象の「アジアゲーミングアワード」2年連続マカオで開催=ノミネート受付スタート

世界一のカジノ売上を誇る都市として知られるマカオ。2007年からアジア最大規模のカジノ見本市「G2E(グローバル・ゲーミング・エキスポ)アジア」が毎年開催されており、業界の最新技術やサービス、関係者が一堂に会することから、アジアにおけるカジノ情報、人材ハブとしての役割を果たしている。

今年で11回目を迎える「G2Eアジア2017」が5月16日から18日まで、マカオの大型IR(統合型リゾート)ヴェネチアンマカオで開催予定。キジビション初日の夜、アジアのカジノ業界(ランド及びオンラインベースの)で活躍した法人、個人を表彰する「アジアゲーミングアワード2017」の授賞式がヴェネチアンマカオの隣に昨年オープンしたばかりの大型IR、パリジャンマカオで行われる予定となっている。

アジアゲーミングアワードはアジアのカジノ情報を専門的に取り扱う「アジアゲーミングブリーフ」誌がプロデュースし、G2Eアジア及びカジノ・レジャー業界を得意とするコンサルティング会社のイノベーショングループの協力を得て昨年新たに創設したもの。今回で2年連続2回目の実施となる。

アワードカテゴリーは、カジノオペレーター賞、IR(統合型リゾート)賞、中小規模カジノ施設賞、カジノエリアデザイン賞、テーブルゲームソリューション賞、スロットソリューション賞、電子カジノ機器ソリューション賞、サプライヤー賞、オンラインカジノソリューション賞、オンラインスポーツベッティングソリューション賞、オンラインソリューション賞、モバイル/ソーシャルソリューション賞、CSR分野における顕著な貢献、新進気鋭のリーダーを対象とした若手特別賞の14部門を設定しており、前回から2部門増えた。

第1回「アジアゲーミングアワード2016」表彰式の様子。ベストIR賞を受賞したマカオのカジノ大型IRギャラクシーマカオ(資料)=2016年5月17日(写真:Galaxy Entertainment Group)

第1回「アジアゲーミングアワード2016」表彰式の様子。ベストIR賞を受賞したマカオのカジノ大型IRギャラクシーマカオ(資料)=2016年5月17日(写真:Galaxy Entertainment Group)

受賞者を選ぶ選考委員会には、マカオ及びアジアのカジノ監理当局に対するコンサルティングサービスを手がけるニューページコンサルティング代表のデヴィッド・グリーン氏(委員長)、カジノレギュレーションの専門家で豪アジェンダグループのダイレクター、ピーター・コーエン氏、マカオのカジノ監理当局DICJの前局長マヌエル・ネーヴェス氏が名を連ねる。

「アジアゲーミングアワード2017」では、今週から各賞のノミネート受け付けを公式ウェブサイトでスタート。受け付け終了は4月28日(マカオ時間)とのこと。

アジアではマカオのほか、韓国、シンガポール、マレーシア、フィリピン、カンボジア、ベトナムといった国・地域にカジノが存在するほか、昨今、日本でもカジノ解禁が現実味を帯びてきた。

現時点ではカジノのない日本だが、日系の電子カジノ機器メーカーやサプライヤーの製品については、すでにアジアを含む世界のカジノ市場に展開している。昨年のアジアゲーミングアワードでは、日系メーカーのエンイェルプレイングカードがテーブルゲームサプライヤー賞、アルゼゲーミングが電子カジノ機器メーカー賞の候補にそれぞれノミネートされたが、受賞を逃している。今回も、日本勢の受賞の行方に注目したいところだ。

第1回「アジアゲーミングアワード2016」表彰式の様子(資料)=2016年5月17日(写真:Galaxy Entertainment Group)

第1回「アジアゲーミングアワード2016」表彰式の様子(資料)=2016年5月17日(写真:Galaxy Entertainment Group)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は6月20日、マカオで高齢者の被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案3件に関与…
  2.  マカオ政府統計・センサス局が6月21日に公表した資料によれば、今年(2024年)5月の総合消費者…
  3.  マカオではアフターコロナで社会・経済の正常化が進んだ昨年(2023年)から歩行者による禁止場所で…
  4.  マカオ政府統計・センサス局(DSEC)は6月21日、今年(2024年)5月及び1~5月累計の訪マ…
  5.  マカオ政府環境保護局(DSPA)は6月20日、同局が主催する2023年度「マカオグリーンホテルア…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun