マカオ、国際カジノ見本市「G2Eアジア2018」閉幕…開催規模過去最大=日本勢も存在感

今年で12回目となったアジア最大規模のカジノ見本市「G2E(グローバル・ゲーミング・エキスポ)アジア2018」が5月15日から17日までの3日間、マカオ・コタイ地区のIR(統合型リゾート)ヴェネチアンマカオのコタイエキスポホールで開催された。

G2Eアジアはアメリカゲーミング協会とリード・エグジビションズの共催で年に一度開催。マカオのみならずアジア地域を中心に世界中からカジノ業界関係者が集結し、業界の最新トレンドや技術を展示するほか、業界VIPスピーカーが登壇し、カジノ業界の最新情報や今後の展望などについて話し合うカンファレンスも多数用意されるなど、アジアにおけるゲーミング(カジノ)業界の情報、技術、人材が行き交う「ハブ」としての役割を担う見本市として重要視されている。

リード・エグジビションズによれば、3日間の来場者数は前年から17%増の1万6385人に達したとのこと。エキジビション面積は32%拡大の3.7万平米となり、いずれも過去最大規模となった。出展者数も過去最多を記録した前回並みの220で、うち35%が新規出展だったという。かつてはランドカジノ向けのスロットマシンやカジノ関連のサブライ品、サービスを中心とした展示が中心だったが、近年ではそれらに加えてオンラインベースのiゲーミングやeスポーツ関連の出展社も次々と華やかな大型ブースを構えるようになり、勢いを感じさせる。

「G2Eアジア2018」エキジビション会場では日本関連企業の展示も目立った(資料)=2018年5月16日、マカオ-本紙撮影

「G2Eアジア2018」エキジビション会場では日本関連企業の展示も目立った(資料)=2018年5月16日、マカオ-本紙撮影

G2Eアジアといえば、日系のカジノマシン及び関連機器、カジノ用品メーカーなどによる出展や内外の専門家による日本のカジノ解禁をテーマにした講演やパネルディスカッションが多くセットされるなど、日本の存在感が大きいことでも知られる。今回の日本関連の出展社は下記の通り。(五十音順、カッコ内は主な出展商品・サービス)

・アルゼゲーミングマカオ(カジノ機器)
・エンゼルプレイングカードマカオ(トランプ)
・共同印刷(ITソリューション、偽造防止技術、高機能素材)
・コナミオーストラリア(カジノ機器)
・JCMグローバル(紙幣計数機)
・パラダイスシティ *セガサミー(IR施設)
・マツイアジア(カジノゲーム用品)

各社とも、出展を通じてゲーミング市場における知名度向上及び自社製品・サービスのカジノオペレーターへ積極的にアピールしたい意向で、工夫を凝らしたブースを展開する。日本関連出展社の中で異色の存在に映るのが、大手印刷会社の一角、共同印刷だろう。同社は3年連続3回目の出展となる。前回に引き続き、カジノオペレーター向けにVRを活用した観光案内と日本からの集客プロモーションサポート、IR機器メーカー及びサービスベンダー向けに同社オリジナルの二次元コード「フルスキャンコード」による在庫管理システム、デジタルサイネージとスマートフォンアプリを連動させた多言語対応インフォメーション「マイ・ショッピング・コンシェルジュ」による多言語・オムニチャネル対応のソリューション、セキュリティシールなどの偽造防止製品のほか、新たにカジノ機器のパーツ梱包等への活用を想定した「モイストキャッチ」などの高機能材料を出展。IR業界はすそ野が広く、独特の技術やノウハウを有する日本の幅広い業者が参入できる可能性があることを示した格好だ。

隣接会場で開催される業界向けセミナーでも、日本のIR導入が大きなトピックとなった。会期初日の朝、オープニングキーノートで早い段階から日本市場への参入意向を示してきた国際カジノIR運営大手、メルコ・リゾーツ・エンターテイメント社のローレンス・ホー会長兼CEOが登壇し、日本市場の魅力や思いを熱く語ったほか、日本市場及びカジノ業界に精通した日本人を含む世界の有識者や日本進出を表明しているIR運営会社の関係者らが登壇する日本をテーマにした講演、パネルディスカッション等も複数開催された。

日本関連では、初日夜に初開催されたアジアのカジノ業界を対象とした「G2Eアジアアワード」授賞式において、12部門の受賞社(者)のうち、エンゼルプレイングカードがベスト業界イノベーション賞の栄冠に輝いたことも挙げられる。同社は世界のカジノ市場で高いシェアを持つトランプメーカーとして知られる。

現時点ではカジノのない日本だが、実は日系の電子カジノ機器メーカーやサプライヤーの製品については、すでにマカオを含むアジア、そして世界のカジノ市場に展開している。

G2Eアジアは来年(2019年)も5月21日から23日まで、マカオの同会場での開催を予定している。

共同印刷が出展した「フルスキャンコード」。同社オリジナルの二次元コードを活用した在庫管理システムだが、ビンゴ形式の展示で幅広い利用シーンや商品特性をより分かりやすく伝える工夫もあった=2018年5月16日、マカオ-本紙撮影

共同印刷が出展した「フルスキャンコード」。同社オリジナルの二次元コードを活用した在庫管理システムだが、ビンゴ形式の展示で幅広い利用シーンや商品特性をより分かりやすく伝える工夫もあった=2018年5月16日、マカオ-本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府衛生局は4月23日夜、マカオで「人食いバクテリア」と呼ばれる細菌のひとつ、ビブリオ・バ…
  2.  このほどマカオ政府財政局が公表した最新の財政収支資料によれば、今年(2024年)1〜3月累計の歳…
  3.  今年(2024年)6月23日から7月3日にかけて、マカオでISF(国際学校スポーツ連盟)「ワール…
  4.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)グランドリスボアパレス(上葡京)で4月22日、世界…
  5.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社は4月22日、マカオ特別行政区の成立25周…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…

注目記事

  1.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun