マカオの観光名所タイパヴィレッジで日本文化音楽祭初開催…9月22〜23日=マカオと日本の友好関係と文化交流の促進目的

マカオ・タイパ島を主要拠点として活動する文化社団、タイパヴィレッジカルチュラルアソシエーションが今年(2018年)9月22日と23日の2日間にわたって「日本文化音楽祭」の開催を予定している。

同団体は8月20日、イベントの概要を発表。日本とマカオの友好関係及び文化交流の促進を目的とし、会場内のステージで日本と地元マカオのバンドによるコンサート、居合道と空手の武術パフォーマンスなどを行うほか、浴衣、絵馬、書道、伝統工芸、コスプレ写真撮影体験、8つの日本食を提供する屋台を設置する。

会場はタイパ島随一の観光名所でタイパヴィレッジの中心にあたる官也街(クーニャ・ストリート)の南端に位置する官也墟(クーニャ・バザール)。開催時間は午後0時から午後7時まで、入場無料。官也街周辺は平日、休日問わず多くの市民や観光客で賑わう人気観光地となっており、大きなプロモーション効果が期待される。

日本文化音楽祭は今回が初開催。タイパヴィレッジカルチュラルアソシエーションが主催、マカオ政府民政総署が共催パートナーとなり、在香港日本国総領事館もサポートする。

近年、マカオから日本を訪れる旅客は増加傾向にあり、日本文化や日本食に対する関心はもちろん、友好意識も非常に高い地域だ。日本政府観光局(JNTO)の資料によれば、昨年(2017年)の訪日マカオ人旅客数は約11.5万人に上った。マカオの人口は約65万人で、このうち約18万人を占める海外労働者を除いた人口で単純に割り算すると、およそ4人に1人が日本を訪れたことになる。年内にもマカオと香港国際空港の間を結ぶ海上橋が開通予定となっており、利便性向上に伴いマカオと日本の間の相互往来が活発化すると期待されている。

イベントの詳細はタイパヴィレッジカルチュラルアソシエーションの公式ウェブサイト(https://taipavillagemacau.org.mo/)参照。

「日本文化音楽祭」イベント告知ポスター(写真:Taipa Village Cultural Association)

「日本文化音楽祭」イベント告知ポスター(写真:Taipa Village Cultural Association)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオで複数のカジノIR(統合型リゾート)を運営するサンズチャイナ社は4月18日、今年(2024…
  2.  マカオ政府衛生局(SSM)は4月17日夜、マカオで今年(2024年)4人目となる在郷軍人病(退役…
  3.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカップマカオ…
  4.  このほどマカオのゲーミング規制当局(博彩監察協調局=DICJ)が公表した今年第1四半期(2024…
  5.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)3月の住宅売買・…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun