港珠澳大橋経由で香港・觀塘とマカオ結ぶ直通バス「港澳一號」が運行スケジュール公表…1日19往復、所要時間は110〜130分

中国が国家プロジェクトとして推進している香港と珠海(広東省)、マカオの三地をつなぐ「港珠澳大橋(ホンコン・ジュハイ・マカオ・ブリッジ)」。全長約55キロを複数の海上橋と海底トンネルで結ぶ世界最長の架橋計画のひとつで、2009年に着工した。

現時点で具体的な開業時期は未発表だが、すでに橋を往来するシャトルバスの運営会社も決まり、関連施設で本番を想定した運用テストの実施が続くなど、開通間近を伺わせる状況となっている。

港珠澳大橋を経由して香港とマカオを結ぶ直通バスを運行することが決まっているワンバス香港マカオ社は10月15日、暫定運行スケジュール及び運賃を公表した。

サービス名は「港澳一號(ワンバス)」で、起点は香港・新界地区の觀塘にあるショッピングモールAPM、終点はマカオ・コタイにある大型IR(統合型リゾート)パリジャンマカオとなる。途中、大橋の香港側イミグレーションとマカオ側イミグレーションで通関があり、マカオに入った後はマカオ半島新口岸地区のサンズマカオ、コタイのヴェネチアンマカオの各大型IRに停まる。所要時間はAPMからサンズマカオが110分、ヴェネチアンマカオが125分、パリジャンマカオが130分とし、従来の香港内陸路移動とフェリーの乗り継ぎよりも48分の短縮になるとした。

運行本数は1日19往復で、香港始発が午前8時、終発が午後6時30分、マカオ始発が午前11時、終発が午後9時30分で、昼間はほぼ30分間隔での運行。片道運賃は平日昼間が170香港ドル(日本円換算:約2430円)、夜間及び休日が190香港ドル(約2710円)を予定しているとのこと。

港珠澳大橋経由の香港〜マカオ直通バスについては、別路線の運行計画もある。

建設中の港珠澳大橋。手前がマカオ側出入境施設(資料)=2018年1月-本紙撮影

建設中の港珠澳大橋。手前がマカオ側出入境施設(資料)=2018年1月-本紙撮影

関連記事

最近の記事

  1.  マカオ政府経済財政庁の李偉農長官は12月5日、マカオ立法会の本会議に出席し、昨年度(2022年度…
  2.  マカオ政府身分証明局(DSI)は12月5日、同月15日から安全性の向上と電子政務への対応を図った…
  3.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空は、2016年3月に福岡路線に就航して以来、週4便の直行便運…
  4.  大航海時代以来、東洋と西洋を結ぶ貿易港として栄えたマカオ。東西文化がミックスしたエキゾチックな町…
  5.  OECD(経済協力開発機構)は12月5日、世界81の国・経済体の15歳、約69万人を対象として2…

ピックアップ記事

  1.  12月3日午後4時頃、マカオタワーでバンジージャンプを終えたばかりの日本人男性(56)が息切れの…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  マカオで年に一度開催されるモータースポーツの祭典「マカオグランプリ」。1954年にスタートした歴…
  4.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  5.  マカオ航空日本支社の発表によれば、現在成田路線を週4便(火・木・土・日曜)で運航しているが、今年…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2023年12月号
(vol.126)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun