2018年「マカオエコフレンドリーホテルアワード」発表…ホテルオークラマカオなど3ホテルが金賞獲得

マカオ政府環境保護局は5月7日、同局が主催する2018年「マカオエコフレンドリーホテルアワード」の審査が終了し、19のホテルが賞を獲得したと発表。

最高となる金賞に輝いたのはホテルオークラマカオ、モーフィアス、MGMコタイの3ホテル。環境保護局では、賞を獲得したホテルにおいて節電・節水、リサイクル、騒音及び光害の抑制といった分野で顕著な改善が見受けられたと評価した。

マカオエコフレンドリーホテルアワードの賞の有効期間は3年間で、現在合計55のホテルがアワードを保持している状態という。

2012年と2018年の比較で、受賞ホテルの1客室あたりの平均電力使用量は2万8000キロワット超、平均水消費量は約260立方メートル、平均廃棄物処理量は45%超にあたる1.7トンのそれぞれ削減だったとのこと。近年、マカオのホテルでは厨房から出る生ゴミの管理に積極的に取り組んでおり、受賞ホテルのうち約64%がリサイクルに取り組み、回収量は累計約4500トンに上ったという。また、受賞ホテルの8割が紙、ペットボトル、アルミ缶、ガラスボトル、使用済み電池といった資源ごみのリサイクルを行い、総回収量は21万トンを超えたほか、約20%のホテルが送迎用シャトルバスをガソリン車から電動車に切り替え、空気質の改善に貢献、使い捨てプラスティック製品の削減にも取り組む動きも進んでいるとした。

「マカオエコフレンドリーホテルアワード」受賞ホテルに設置されている生ゴミ処理設備(写真:マカオ政府環境保護局)

「マカオエコフレンドリーホテルアワード」受賞ホテルに設置されている生ゴミ処理設備(写真:マカオ政府環境保護局)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオを中心にアジア、欧州で統合型リゾート(IR)施設の開発・所有・運営を行うメルコリゾーツ&エ…
  2.  マカオ治安警察局は4月21日、自動車の運転者と歩行者の安全を確保するため、マカオ域内の各所でキッ…
  3.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで7日間にわたって開催された「ITTF(国際卓球連盟…
  4.  マカオでは、ひと頃に比べて状況は落ち着いたものの、依然として悪質タクシーが暗躍しており、市民や観…
  5.  マカオ治安警察局の発表によれば、4月19日から同日からポルトガルとシンガポールのパスポート保有者…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun