マカオ立法会で「反麻薬法」改正案可決…新たに21物質が管制リスト入り

マカオ立法会で5月8日、麻薬及び向精神薬の違法な生産、販売、使用を禁止する通称「禁毒法(反麻薬法)」の改正案が可決され、公布翌日から施行となる。

改正のポイントとして、新たに7種のフェンタニル物質類を含む19種の麻薬、向精神薬及び麻薬製造に用いられる2種の前駆物質が管制リスト入りした点が挙げられる。国連麻薬委員会が2017年の第60回、2018年の第61回会議において国際管制物質として定めたものをカバーする。

マカオ司法警察局は、9日午後にプレスリリースを発出し、局内において改正内容に合わせた法執行を進める準備は整っており、これから市民に対する周知を強化していくとした。

同局によれば、フェンタニル類物質は効果の高い麻薬性鎮痛薬として外科や産婦人科の臨床現場で使われているものだが、近年はこれを使って新型麻薬を生成する違法分子が出現し、強力な効果から人体への危険性が極めて高いとのこと。麻薬密売組織がコスト低減と効果増大を図るため、ヘロインやコカインにフェンタニルを混入させたものを売り出し、これを使用したものが死亡する事案も外地で発生しているという。

なお、昨年(2018年)に司法警察局が摘発した麻薬密売と使用事案は123件、逮捕者は200人で、前年から15.8%、25.1%のそれぞれ減だった。改正法施行により新たに21の物質が管制リスト入りするほか、取り締まりについても強化できることから、海外の麻薬取り締まり部門との情報交流と協力体制を維持し、マカオへの麻薬流入阻止に努めるとした。

反麻薬法改正案の審議及び採決に出席したマカオ保安庁の黄少澤長官(右)=2019年5月8日、マカオ立法会(写真:GCS)

反麻薬法改正案の審議及び採決に出席したマカオ保安庁の黄少澤長官(右)=2019年5月8日、マカオ立法会(写真:GCS)

関連記事

最近の記事

  1.  マカオでは、アフターコロナで市中における人流が顕著に回復する中、歩行者による禁止場所での道路横断…
  2.  マカオ政府旅遊発展委員会の委員長を務める李偉農(レイ・ワイノン)マカオ政府経済財政長官は12月7…
  3.  マカオでは、直近2ヶ月の間にアフリカなどからの経由便を利用して空路マカオに到着した外国人が粉末や…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオで統合型リゾート(IR)を運営するMGMチャイナホールディングス(以下、MGM)と中国で芸…

ピックアップ記事

  1.  マカオ航空日本支社の発表によれば、現在成田路線を週4便(火・木・土・日曜)で運航しているが、今年…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  5.  12月3日午後4時頃、マカオタワーでバンジージャンプを終えたばかりの日本人男性(56)が息切れの…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2023年12月号
(vol.126)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun