長崎居留地男声合唱団の「歌うおじさん」一行がマカオ訪問…音楽通じた国際交流図る

 このほど、長崎居留地男声合唱団の選抜メンバー16人と指揮を務める原さとみさんら一行がマカオを訪れ、現地滞在中に様々なかたちで音楽を通じた国際交流を行った。

 長崎居留地男声合唱団は2007年の結成。2019年6月にユネスコ世界文化遺産リストに登録が決まった国宝の教会や中国由来の建造物が建ち並ぶ長崎市の居留地エリアが活動の本拠地で、「音楽を通したまちづくり 人と繋がる 世界へ繋がる」をテーマに活動している。

 11月12日、一行はコタイ地区の大型IR(統合型リゾート)ギャラクシーマカオ内にある高級リゾートホテル、JWマリオット・ホテル・マカオを訪問。同ホテルのロビーにある大階段で、マカオ政府観光局のマリア・エレナ・デ・セナ・フェルナンデス局長や居合わせた大勢のホテルゲストらを前におよそ30分間にわたって歌唱パフォーマンスを披露。明るく賑やかなおじさんたちの歌声がロビー全体を一体化させ、大きな喝采を浴びた。

 また、同日、子や孫の世代にあたるマカオ大学の学生コーラスメンバー40人との交流合唱にも出かけた。すぐに打ち解け、笑顔にあふれた時間となり、国や年齢の違いを超えて皆をハッピーにできる音楽の力を実感させられた。

 このほか、一行は世界遺産建造物が建ち並ぶマカオ半島の歴史市街地区を散策し、マカオと長崎の歴史、文化、食の共通項を見つけたり、マカオを五感で感じる町歩きを楽しんだ。

 今回の一行のマカオ旅の模様は、11月30日に長崎文化放送(NCC)の番組で放送を予定しているとのこと。

JWマリオット・ホテル・マカオのロビーで歌唱パフォーマンスを披露する長崎居留地男声合唱団=2019年11月12日本紙撮影

JWマリオット・ホテル・マカオのロビーで歌唱パフォーマンスを披露する長崎居留地男声合唱団=2019年11月12日本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局は7月16日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…
  2.  マカオ司法警察局は7月15日、カジノ強盗を企図した上、混乱の中でカジノ施設の警備員を負傷させたと…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)は7月16日、マカオの今年上半期(2024年1〜6月)のツーリズム市…
  4.  マカオ司法警察局は7月15日、マカオで徒党を組んでスリを行ったとしてインドネシア人のインバウンド…
  5.  マカオ治安警察局は7月15日、マカオでスリによって入手したチケットを転売したとして中国人(中国本…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  4.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun