マカオ当局、空港に続きカジノ施設でも防疫対策強化…中国・武漢市で原因不明の肺炎患者連続発生受け

 マカオ政府衛生局(SSM)は1月2日、近日、中国湖北省武漢市の海鮮市場関係者を中心に原因不明のウイルス性肺炎の発症が相次いでいることを受け、ギャンブル行政を管轄する博彩監察協調局(DICJ)の協力を得て、カジノ運営企業代表者らを対象とした防疫対策関連会議を招集したと発表。

 マカオでは、まもなく春節(旧正月)シーズンを迎え、例年通り、特に中国本土からのインバウンド旅客が多数を占めると予想されている。SSMでは、伝染病の地域コミュニティへの蔓延を防止するため、多くの人が集まるカジノ施設を含む各方面からの協力が不可欠であるとし、カジノ運営企業に対して呼吸器系感染症に関する各種防疫対策の導入について要請を行った。

 具体的には、従業員に対する疾病予防に関する最新情報を共有する、従業員の健康状態に留意する、カジノ入口ゲートに発熱観測装置を設置して従業員及び客をモニタリングすることなどを挙げた。もし、発熱及び呼吸器系の症状を有する者を発見した場合には、マスクを着用し、すぐに医療機関を受診すること、施設内にいる人との密接な接触を避けるよう勧告すると同時に、聞き取り調査で症状が現れてから14日以内の武漢滞在歴が確認された場合には、消防局を通じて救急車を手配し、指定医療機関へ移送するよう求めた。

 会議に出席したDICJの陳達夫(パウロ・マルチンス・チャン)局長は、旅客及びカジノ従業員の安全が常に第一であるとの考えを示し、カジノ運営企業代表者に対してSSMの要請へ積極的に対応し、実施に移すよう呼びかけた。

 このほか、SSMでは1月1日からマカオ国際空港において、武漢から到着した航空機内に衛生局の職員が乗り込み、搭乗者全員に対する体温検査の実施を導入済み。現在、マカオと武漢の間には1日2往復の直行便が就航している。

マカオ衛生及びカジノ当局が招集した原因不明肺炎に対する防疫対策会議の様子=2020年1月2日(写真:SSM)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計・センサス局は7月19日、今年(2024年)5月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  2.  マカオ金融管理局(AMCM)は7月18日、今年上半期(2024年1〜6月)のマカオのモバイル決済…
  3.  マカオ治安警察局は7月20日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…
  4.  マカオ司法警察局は7月18日、車上荒らしで高級腕時計を盗み質入れしたとして20代のマカオ人の男を…
  5.  マカオ政府統計・センサス局(DSEC)は7月19日、今年(2024年)6月及び上半期(1〜6月)…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun