マカオ新中央図書館の建設予定地が変更に…ビジネス街から文教地区へ

 近年、マカオ政府は手狭になった中央図書館の移転計画を進めてきた。移転先としてマカオ半島のビジネス街にある旧法院ビルが候補とされ、2018年には設計プランも披露されたが、政府文化局(ICM)が9月10日に記者会見を開き、移転先の変更を発表した。

 新たな移転先は、マカオ半島の文教地区にあたる塔石廣場に面した旧エストリルホテル(愛都酒店)跡地。現在の中央図書館とは広場を挟んで斜め向かいにあたる。旧エストリルホテル跡地では、青少年向けの複合文化・レクリエーション施設を建設する別の再開発計画が発表済みだったが、新中央図書館の建設計画に置き換えられる。

 ICMによれば、新中央図書館の建設延床面積は1万平米以上で、マカオ最大規模の図書館になるという。移転先の変更理由に関しては、以前の計画と比較して建設難易度が低く、大幅なコスト削減を見込めること、文教地区の地の利を活かして図書館の多元的機能を発揮しやすいことなどを挙げた。

 目下、オランダ、フィンランド、アイルランド、スイスの設計チームにコンセプトデザイン制作を依頼している段階とのこと。アイコニックなデザインとし、旧エストリルホテルのファサードに描かれた壁画も残す意向という。落成時期は2024年を目指すとした。なお、現在の中央図書館については、主にマカオ関連資料及び古籍文献を収蔵し、新中央図書館と相互補完的な役割を担う考えがあるとのこと。

 このほか、記者会見では旧法院ビルにあるブラックボックス劇場をマカオ文化センターに併設するかたちでの移転、新設する計画、タイパ島にある花火工場跡とコロアン島にある造船所跡の再生計画の進捗状況についても説明がなされた。

欧州の4つの設計チームによるマカオ新中央図書館コンセプトデザイン(写真:ICM)


マカオ新中央図書所管建設予定となる塔石廣場に面した旧エストリルホテル跡地(写真:ICM)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)は5月24日、今年(2024年)1〜4月のツーリズム市場に関するレビ…
  2.  マカオ政府環境保護局(DSPA)は5月24日、同局が主催する2023年度「マカオグリーンホテルア…
  3.  マカオの統合型リゾート(IR)ウィンパレス運営会社は5月24日、6月7・8・14・15日に同IR…
  4.  マカオ政府公共建設局(DSOP)は5月24日、マカオLRT(新交通システム)の建設中新線「石排灣…
  5.  澳門海關(マカオ税関)では、違法な運搬活動(いわゆる運び屋行為)に対する取り締まりを継続する中、…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun