マカオ、クリスマスホリデーのインバウンド旅客数は1日2〜3万人程度の見込み…中国本土との往来再開も回復遅く、元日連休に期待

 新型コロナウイルス感染症防疫対策の一環として各国・地域で厳格な水際対策が講じられる中、ボーダーを跨ぐ移動が困難な状況が続く。インバウンド依存度の高いマカオでは、経済に与える影響も大きい。

 マカオと中国本土における新型コロナの流行状況が落ち着いていることから、すでに中国本土からのインバウンド旅客に対する門戸は開かれているが、事前予想と比較して回復スピードは緩やかだ。その理由として、マカオ入境時、中国本土への入境時のいずれも隔離検疫は不要だが、ビザに相当するマカオ渡航許可の申請手続きが煩雑になったり、申請から発給までに要する時間が長くなっていること、新型コロナウイルス核酸検査を受けて陰性証明を取得する必要があり、かつ有効期限が7日間のみと短いことが挙げられる。また、そもそもマカオに隔離検疫なしで渡航できるという情報が知られていないことも指摘されており、マカオ政府が中国本土向けに「健康」や「隔離不要」を打ち出した宣伝展開を強化して臨んでいる。

 マカオ政府旅遊局の許耀明局長は12月12日に囲み取材を受けた際、近日のマカオのインバウンド旅客数は1日あたり約2万人、前日(11日金曜日)は2.3万人だったとコメント。

 今後の動向ついては、クリスマスは中国の伝統的なホリデーシーズンではないため、旅客数の大幅増はないと予測しており、1日あたり2〜3万人の間で推移するとの見通しを示した。一方、2021年の元旦は金曜日にあたるため、より多くの旅客がマカオを訪れると期待しているとした。

 参考までに、マカオの昨年(2019年)通期のインバウンド旅客数は約3940万人で、過去最多記録を3年連続で更新。今年1〜10月累計では前年同時期から86.2%減の約460万人にとどまっている。

世界遺産・セナド広場に設置されたクリスマスツリー=2020年11月28日本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計・センサス局は6月19日、今年(2024年)4月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  2.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオの運営会社は6月18日、来月(7…
  3.  マカオ司法警察局は6月18日、マカオで被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案に絡み、30代の香…
  4.  マカオ治安警察局は6月18日、いわゆる車上荒らしをしたとして40代の中国人(中国本土居民)の男を…
  5.  マカオ半島中区に位置する統合型リゾート(IR)グランドリスボアマカオを運営するSJMリゾーツ社は…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun