香港、1/19単日の新型コロナ新規感染確認数56人…ソーシャルディスタンス措置など現行防疫策の再延長、春節恒例の花市は一転復活へ

 人口約750万人の香港では、昨年(2020年)11月下旬から新型コロナウイルス感染症の流行「第4波」が続いている。

 香港政府は1月19日夕方の記者会見で、同日午前0時時点集計の単日の新規感染確認数が56人だったと発表。内訳は市中感染が55人、輸入性が1人。感染経路不明は23人に上った。新規感染確認数は約1ヶ月ぶりに3桁(107人)となった前日から大幅に下落したが、依然として感染経路不明が4割強おり、市中に存在する無症状感染者が感染を拡大させている可能性が懸念される。このほか、翌日以降に感染確認となる可能性が高い陽性予備群(初歩感染確認者)は60人超とのこと。

 1月に入って以降に新規感染者が集中して確認されたことを受け、九龍半島の油麻地(ヤウマテイ)から佐敦(ジョーダン)エリア一帯では強制検査の対象が拡大されている。この日の感染確認者のうち46人がエリア内に設置された臨時検査センターにおけるもので、感染経路不明42人のうち同エリア居住者が10人、初歩感染確認者でも約半数に上った。ネパール国籍など東南アジア系の住民が多数含まれるという。この日も新たに佐敦地区の3つのビルが強制検査対象に指定され、対象となるビルの合計は約40棟に。香港特別行政区の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は19日午前、行政会議出席前に記者会見に臨んだ際、同エリアのコア区画については感染者の有無に関係なく強制検査の対象とし、それ以外については感染者が1人以上出現したビルを強制検査対象とする方式を維持、さらに同様の方法を他エリアにも拡大し、九龍半島の深水埗(サムソイボウ)エリアで先行実施すると発表。

 また、依然として市内各所で集団感染(クラスター)や集合住宅(マンション、宿舎)における感染連鎖も続いている状況。

 ここまでの香港における累計感染確認数は9721人、退院者数は8827人、死者数は164人。

 香港政府は早期に市中感染ゼロを達成することを目標として掲げ、状況に応じた施策を打ち出している。12月下旬に英国や南アフリカで感染力が強いとされる変異種のウイルスが出現したこと、クラスター及び感染経路不明事案が続いていることなどを受け、ソーシャルディスタンス措置(飲食店での同席数を2人までとし、夕食時間帯の営業を禁止するなど)及び学校の対面授業の見合わせ期間の延長、感染者が確認されたマンション・雑居ビル等を対象とする強制検査、水際対策の厳格化、密接接触者追跡センターの稼働などが進んでいる。19日の記者会見で、ソーシャルディスタンス措置などの防疫策の実施期限は1月20日から1月27日まで7日間再延長することも発表された。なお、春節ホリデーにかけて不要不急の会合を控えるよう呼びかけ、密を避けるため春節(旧正月)シーズンに各所で開催される恒例の花市などのイベントを中止する方針を示していたが、19日夜になって花市については会場数を15ヶ所に減らし、場内の販売ブースを半分にした上、販売スタッフの開催前のウイルス検査を必須とするなどの防疫措置を講じた上で実施することが明らかにされた。

 一方、香港の隣にある人口約68万人のマカオでは、1月19日まで207日連続(輸入関連性症例に限ると296日連続)で新規感染確認がゼロとなっている。すでに中国本土との往来制限の緩和が進み、中国本土からのインバウンド旅客が戻りつつある中でもゼロを維持できていることから、水際措置が機能しているといえる。状況が落ち着いているマカオだが、政府が春節シーズン恒例の歳末マーケットや花火大会の中止が発表済みで、市民に対して不要不急の外遊を避ける、マカオで就労する中国本土出身のワーカーに対しては帰省を見合わせるようそれぞれ呼びかけている。香港で花市が一転復活したことを受け、マカオ側でも開催を求める声が上がりそうだ。

記者会見に臨む香港特別行政区の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官=2021年1月19日(写真:news.gov.hk)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は7月22日に会見を開き、高配当のカジノVIP投資を騙って1人の被害者から多額の…
  2.  マカオ司法警察局は7月22日、いわゆる祈祷詐欺でマカオの高齢者女性から金品を詐取したとして中国人…
  3.  マカオ歴史市街地区の中心に位置する新馬路に面して建ち、1世紀の歴史を持つアイコン的存在の「新中央…
  4.  マカオでは世界的な健康意識の高まりを受け、マカオでは屋内公共エリア及び公園などの大半を禁煙とする…
  5.  マカオ治安警察局は7月22日、マカオ半島の北部の慕拉士大馬路にある工業ビル内の一室で違法麻雀賭博…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年8月号
(vol.134)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun