香港、5/16の新型コロナ市中感染新規確認1人…患者は生後4ヶ月男児、二重変異株ウイルス

 人口約750万人の香港では、昨年(2020年)11月下旬から新型コロナウイルス感染症の流行「第4波」が続いている。

 香港政府の発表によれば、5月16日午前0時時点集計の単日の新規感染確認数は前日から1人増の4人とのこと。内訳は輸入性(海外からの入境者)が3人、市中感染が1人。市中感染例の出現は2日連続。

 市中感染の1人は生後4ヶ月の男児で、N501YとE484K変異株ウイルスに陽性反応があったとのこと。感染経路は判明しており、先に香港で初めて市中における変異株ウイルス感染確認された事案と関連しているという。

 輸入性の3人はロシア(香港に到着した航空機のクルー)、インドネシア(ホームヘルパーとして働くための香港入り)、インドからの入境者。このうちインドからの入境者からL452R変異株ウイルスが検出された。

 このほか、翌日以降に感染確認となる可能性が高い陽性予備群(初歩感染確認者)については5人以下とのこと。

 香港における過去14日間累計の新規感染確認は38人で、その約18%を占める市中感染7人のうち感染経路不明は1人。ここまでの累計感染確認数は1万1825人。

 なお、5月7日に経路不明の新規感染確認とされたウイルス検査機関勤務の男性(事案番号11801)について、遺伝子解析の結果、ウイルス株が最近香港で流行しているものとは異なり、昨年武漢で流行したものだったことが発覚。衛生当局は検査サンプルの汚染による誤判定であったとし、当該事案を削除した上、16日の感染確認者に番号を再割当したことを明らかにした。

香港特別行政区のイメージ(資料)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府労工事務局(DSAL)は7月13日午後、同日正午頃、マカオ半島皇朝エリアにあるビルで労…
  2.  マカオ司法警察局は7月12日、青年の男性客へ賭博用途のカネを高利で貸し付けた上、返済不能に陥った…
  3.  マカオ政府統計・センサス局は7月12日、今年第2四半期(2024年4〜6月)の観光物価指数が前年…
  4.  マカオではアフターコロナで社会・経済の正常化が進んだ昨年(2023年)から歩行者による禁止場所で…
  5.  きょう(7月12日)、マカオ半島歴史市街地区の世界遺産・セナド広場前にあるリッツビルにマカオの観…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun