マカオの市街地にある貯水池と人工湖でカミツキガメ発見…当局が3匹捕獲

 このところマカオにおいて本来生息していない外来生物の発見例が相次いでいる。

 いずれも人為的に持ち込まれ、遺棄されるなどしたものとみられ、当局が生態系の破壊につながる行為として生物の取り扱いに関して注意を呼びかけている。

 マカオ市政署(IAM)は6月16日、地元メディアがカミツキガメとみられるカメが泳ぐ姿を見たとする市民の声を報じたことを受け、巡回と捜索活動に着手し、マカオ半島の市街地にある南灣人工湖と貯水池でカミツキガメ3匹を捕獲することに成功したと発表。

 同署によれば、カミツキガメは米州原産の肉食性のカメで、サイズが大きく、攻撃性が強いといった特徴があり、マカオの生態系において天敵が存在しないため、生態系にとって大きな脅威となる外来生物にあたるとのこと。

 今回捕獲されたのは成体が2匹、幼体が1匹で、いずれも健康状態に問題があり、それぞれ栄養不足、体表感染、甲羅部分の腐食・変形といった問題が確認されたという。目下、隔離検疫と獣医による治療を進めているところとした。

マカオで捕獲されたカミツキガメ(写真:IAM)

 マカオでは、今月だけでもコロアン島の山地で「グリーンイグアナ」、域内の多くの湿地や渓流で「ウシガエル」が発見されたほか、2月にはタイパ島の池で「ミステリークレイフィッシュ」と呼ばれる繁殖力の強いザリガニ、昨年3月には今回カミツキガメが見つかった貯水池の周囲にある公園で「プレーリードッグ」が見つかっている。

 なお、グリーンイグアナ、ウシガエルも健康状態に問題が確認されているほか、プレーリードッグも捕獲後しばらくして死亡したといい、マカオの自然環境に適応できなかった状況も伺える。

カミツキガメの捜索と捕獲にあたるマカオ市政署の職員(写真:IAM)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局は5月21日、今年(2024年)3月上旬にマカオ・コタイ地区の統合型リゾート(I…
  2.  マカオ政府とカジノ経営コンセッションを締結する6陣営の一角にあたるSJMホールディングス社(香港…
  3.  マカオ治安警察局は5月20日、マカオのホテル客室宿泊券を転売して客から金銭を騙し取ったとして40…
  4.  近年、マカオ政府文化局(ICM)では、先人の知識と知恵を広く伝え、文化交流の促進につなげたるため…
  5.  マカオ政府統計・センサス局は5月21日、今年第1四半期(2024年1〜3月)の金融業人材需給及び…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun