IR運営大手メルコリゾーツ、香港・マカオ勤務の社員の65%が新型コロナワクチン接種終える…現金支給と有給休暇提供などインセンティブ導入

 マカオなどでIR(統合型リゾート)を運営するメルコリゾーツ&エンターテインメント社(以下、メルコリゾーツ)は7月28日、同社の香港・マカオ拠点に勤務する従業員のうち約65%が新型コロナワクチンの接種を終えたと発表。

 同社では、社員、ゲスト、地域コミュニティのための安全な環境を確保することを重要な目標として掲げ、マカオ政府が推進する免疫の壁の構築への取り組みをサポートするため、「Get the Jab」と銘打った社員向けのインセンティブプログラムを導入。

 プログラムの内容は、ワクチン接種当日と翌日に有給休暇を付与し、接種を完了した場合に1人あたり1000マカオパタカ(日本円換算:約1万3700円)の支給、ワクチン接種会場へのバス送迎のほか、香港・マカオ拠点の従業員の接種率が一定の割合に達した後、6人に対して1人あたり100万マカオパタカ(約1370万円)の賞金が当たる抽選への参加も含まれる。

 すでに一定の接種率に達したことから、第一回の抽選会が行われ、4人が合計50万マカオパタカ(約685万円)の現金を獲得。次週にも100万マカオパタカがあたる第一回目の大抽選会を行う予定とした。また、これらとは別に月に一度の抽選会も行われており、これまでに25人が現金、商品系、賞品などを手にしたという。

 同社によれば、同インセンティブプログラムの実施にかかる予算は約1600万マカオパタカ(約2.2億円)とのこと。

 政府は免疫の壁を構築するには接種率8割が必要との認識を示す中、目下のマカオ全体のワクチン接種率は約4割にとどまっている。

メルコリゾーツが実施した新型コロナワクチン接種インセンティブプログラムの抽選会で現金を獲得した同社社員(写真:Melco Resorts & Entertainment Limited)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府環境保護局(DSPA)は6月20日、同局が主催する2023年度「マカオグリーンホテルア…
  2.  マカオ治安警察局は6月19日、マカオ半島中区の路上のエンリケ航海王子大通りでパトロール中、路上で…
  3.  マカオ政府統計・センサス局は6月19日、今年(2024年)4月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  4.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオの運営会社は6月18日、来月(7…
  5.  マカオ司法警察局は6月18日、マカオで被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案に絡み、30代の香…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun