マカオ、国慶節大型連休初日のインバウンド旅客数わずか1749人…水際措置再強化で前年から89%減、コロナ前19年から99%減

 中国本土で大型連休となる国慶節ホリデーはインバウンド旅客のうち7割を中国本土旅客が占めるマカオにとって年に複数ある書き入れ時のひとつに数えられる。

 今年(2021年)は10月1日から7日までの7日間。

 マカオでは2020年1月下旬以降、新型コロナ防疫対策の一環で厳格な水際対策が講じられてきたが、マカオと中国本土における流行状況が落ち着いたことを受け、両地の間で同年第3四半期以降に隔離検疫免除を含む往来制限の緩和が進んだ。しかしながら、今年に入って以降、中国本土で局地的な再流行がしばしば発生、またマカオでも8月初旬、9月下旬に市中感染確認例が相次ぎ出現し、都度水際措置の再強化が図られ、右肩上がりのインバウンド旅客数の回復には至っていない。

 マカオ政府旅遊局(MGTO)が10月2日に発表した国慶節連休初日(10月1日)の出入境旅客統計資料によれば、同日の総インバウンド旅客数は前年同じ日から88.7%減のわずか1149人にとどまった。コロナ前の2019年の同日との比較では98.7%減に。

 このうち中国本土旅客が全体の92.5%を占めるに限ると1618人で、前年比では88.9%減。

 マカオ経済はインバウンド依存度が高く、ピーク期となる夏休み前、国慶節前に市中感染確認例が出現したことは、大きな痛手となった。

 マカオの今年1〜8月累計のインバウンド旅客数は512万6443人で、2020年の同時期からは43.6%増となっているが、2019年の同時期との比較では81.3%の大幅減。

マカオ歴史市街地区にあるモンテの砦から望む町並み(資料)=2020年4月本紙撮影

関連記事

最近の記事

  1.  マカオでは、アフターコロナで市中における人流が顕著に回復する中、歩行者による禁止場所での道路横断…
  2.  マカオ政府旅遊発展委員会の委員長を務める李偉農(レイ・ワイノン)マカオ政府経済財政長官は12月7…
  3.  マカオでは、直近2ヶ月の間にアフリカなどからの経由便を利用して空路マカオに到着した外国人が粉末や…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオで統合型リゾート(IR)を運営するMGMチャイナホールディングス(以下、MGM)と中国で芸…

ピックアップ記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  12月3日午後4時頃、マカオタワーでバンジージャンプを終えたばかりの日本人男性(56)が息切れの…
  3.  マカオ航空日本支社の発表によれば、現在成田路線を週4便(火・木・土・日曜)で運航しているが、今年…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2023年12月号
(vol.126)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun