7月不動産売買取引5割減、仲介法施行初月で様子見ムード

不動産仲介業務法が実施されて約1ヶ月となる。大手不動産業者のマカオ中原地産によると、一般市民の間で同法についての理解が不足していることもあり、事業運営に大きな影響を受けたという。同法施行初月となる7月の不動産の売買取引は大幅に縮小し、同社では住宅が約5割減、店舗が約4割減となった。

地元有力紙「澳門日報」が4日付紙面で報じた。取引縮小の最大の要因は供給減。新法の施行後に伴い、法律に対する認識不足から多くのオーナーが個人情報の漏洩や手続きの煩雑化などを恐れて様子見姿勢だったという。法律への理解が進みつつあることから、7月後半から徐々に取引は新法施行前の7割程度まで回復しているという。

ここ数年、不動産価格高騰化抑制策が次々と打ち出されている。すでにマカオでは住宅、店舗ともに売買取引の主役はマカオ市民となっており、中国本土からのホットマネーの流入は一旦落ち着いている。しかし、マカオ市民の所得向上や将来への楽観ムードもあり、需要は増える一方で、物件の供給が追いついていない。そのため、不動産価格は高止まりしている状況だ。

不動産マーケット(写真はイメージ)―本紙撮影

不動産マーケット(写真はイメージ)―本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局は2月21日、コタイ地区にある統合型リゾート(IR)併設ホテルの客室で中国人(中…
  2.  澳門海關(マカオ税関)では、各イミグレーション施設でリスク管理システム及び最新設備を用いるなど、…
  3.  香港衛生署衛生防護センターは2月21日、1人の児童のB型インフルエンザ重症例について調査を行って…
  4.  最近、サンズマカオ、ヴェネチアンマカオ、ロンドナーマカオなど、マカオで複数の統合型リゾート(IR…
  5.  マカオ政府統計調査局は2月21日、昨年(2023年)12月の飲食業と小売業に関する景気調査結果を…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2023年)1月1日から実施してい…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)によれば、2024年1月31日までの期間限定で成田・…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  日本の女性アイドルグループ「高嶺のなでしこ」が2月1日にマカオ・コタイ地区にあるロンドナーシアタ…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年2月号
(vol.128)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun