マカオの大型IR施設が封鎖に…カジノディーラーがコロナ感染、近日輸入性陽性例の出現相次ぐ

 マカオでは、10月26日から市中で新型コロナ陽性者の確認が相次ぎ、警戒が高まっている。

 10月26日から31日未明までにマカオ市中で確認された陽性者の数は8人に上った。マカオに隣接する広東省珠海市に渡航歴がある人及びその同住家族などで、マカオ衛生当局は珠海市拱北地区にある地下街のクーリエ店で陽性者と居合わせたことがわかっているとし、輸入性あるいは輸入関連性事案であるとの見方を示している。ウイルス型はオミクロンBA.5とのこと。

 陽性者のうち1人がコタイ地区にある統合型リゾート(IR)MGMコタイのカジノディーラー職社員で、潜伏期間中に勤務歴があり、客やその他のスタッフと接触した可能性もあることから、同施設が10月30日から11月1日まで3日間の局地ロックダウン(封鎖)対象とされた。施設内にいた人は、外に出ることができない状態で、その数は約1500人という。なお、このディーラー職スタッフはガイドラインに定められた出勤時のロケーションコードの読み取りをしていなかったことが判明し、当局による接触者の追跡作業に手間取ることになったことも明らかに。

大型カジノIR「MGMコタイ」(資料)=マカオ・コタイ地区-本紙撮影

大型カジノIR「MGMコタイ」(資料)=マカオ・コタイ地区-本紙撮影

 このほか、陽性者の居住する複数の集合住宅が局地ロックダウンの対象となっており、その周辺などについても重点エリアに設定され、エリア内居住者、勤務者、一定時間以上の滞在者が設定日から3日連続で毎日PCR検査を受検することが必須となっている。その他のマカオの全市民及び滞在中の旅客など全員に対し、10月30日から3日連続1日1回の迅速抗原検査の実施及び結果報告を求められている。

 このところマカオは落ち着いた状況が続いていたが、6月中旬から8月初旬にかけてオミクロンBA.5のアウトブレイクが発生し、複数回にわたる全市民対象PCR検査の実施や全域レベルで準ロックダウン措置が講じられたことも記憶に新しい。今回は大掛かりな措置が講じられるには至っていないが、当局は輸入性事案であり、感染経路が比較的クリアであることを挙げており、重点エリアを対象としたPCR検査及び全市民対象の迅速抗原検査の結果をみて今後の対応を判断するとしている。

 マカオは中国本土に倣ってゼロコロナ政策を堅持しており、厳格な水際措置が維持されているが、中国本土との間に限っては条件付きで隔離検疫免除での相互往来が可能。現地時間30日午後6時以降、珠海とマカオの陸路ルートでの往来要件に関し、PCR検査陰性証明の有効期間が48時間以内から24時間以内に改められた。

局地ロックダウンの対象となった集合住宅の調査にあたる市政署職員ら=2022年10月30日(写真:IAM)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ金融管理局は7月15日、今年(2024年)6月末のマカオ特別行政区の外貨準備高(外匯儲備資…
  2.  マカオ半島新口岸地区にあるニューオリエントランドマークホテル(新東方置地酒店)のボールルームで7…
  3.  マカオを中心にアジア、欧州で統合型リゾート(IR)施設の開発・所有・運営を行うメルコリゾーツ&エ…
  4.  香港では、きょう(7月14日)午前0時からタクシー運賃が値上げとなった。値上げは2022年7月以…
  5.  マカオ市政署(IAM)は7月10日、コロアン島にある石排灣郊野公園で飼育・展示してきたキタホオジ…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun