中国本土観光客の露営広がる、宿泊代節約目的

国慶節の大型連休が続く中、多くの中国本土観光客がマカオを訪れている。連休中はホテルが満室状態となり、価格も高騰することから、一部の観光客の間で宿泊代を節約するため、ハクサキャンプ場での露営を選択する動きが広がっているという。

10月4日付地元有力紙「澳門日報」が一面で報じた。通常、夏休みシーズンを終えたハクサキャンプ場は閑散としているが、今回の国慶節休暇中は露営する中国本土からの旅客で賑わいをみせている。

2泊3日の予定で露営をしていた中国本土からの旅客によると、テントなどの準備費用も含めて通常のホテル1泊分以下の予算だったいう。また、別の旅客によるとマカオの繁忙期の大型リゾートホテル宿泊価格は1泊あたり3,000パタカ前後で、中国本土の労働者の1ヶ月分の賃金に相当するため高価に感じたとのこと。

ハクサキャンプ場での露営については、中国本土のウェブサイトに情報が掲載されたことがきっかけとなり、追随する旅客が増えたものとみられる。

ハクサキャンプ場はマカオ政府民政総署の管轄下にある。全30区画のうち、5区画が一般開放、残りの25区画はマカオの社団、教育機関などの団体専用となっているが、地元団体による使用予定がない際は、一般向けに開放されるという。キャンプ場の利用は無料。

香港でも公営キャンプ場を利用する中国本土旅客が増えている傾向にあり、24時間営業のファストフードチェーンをホテル代わりに利用する旅客も目立っていることから、地元住民との間での摩擦が度々報道されている。マカオでは現時点でそういった問題は発生していない。

ハクサキャンプ場 (c) IACM

ハクサキャンプ場 (c) IACM

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計・センサス局は6月19日、今年(2024年)4月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  2.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオの運営会社は6月18日、来月(7…
  3.  マカオ司法警察局は6月18日、マカオで被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案に絡み、30代の香…
  4.  マカオ治安警察局は6月18日、いわゆる車上荒らしをしたとして40代の中国人(中国本土居民)の男を…
  5.  マカオ半島中区に位置する統合型リゾート(IR)グランドリスボアマカオを運営するSJMリゾーツ社は…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  2.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun