マカオのMICE業界に復調の兆し

 マカオは長くゼロコロナ政策を堅持し、厳格な水際措置を講じてきたため、MICE(会議・研修、インセンティブ活動、国際・学術会議、エキジビション)業界にも大きなマイナス影響が生じていた。

 しかし、2022年12月下旬から2023年1月初旬にかけてウィズコロナ政策へ転換し、水際措置の緩和が進んだことで、インバウンド旅客数が急回復している状況。MICE業界にも復調の兆しがあるようだ。

 マカオ貿易投資促進局(IPIM)が4月16日に発表した内容によれば、今年(2023年)1〜3月のMICE参加人数は延べ20万人近くに上り、このうち延べ1.5万人超が域外からコンベンション出席にためマカオを訪れたビジネス旅客だったとのこと。IPIMでは、下半期に2万人超のビジネス旅客が各地からマカオを訪れると予測しているという。

近日マカオで開催された参加者1.1万人規模のコンベンションの様子(写真:IPIM)

 近日、マカオに新オープンしたエキジビション施設(註:ギャラクシーインターナショナルコンベンションセンター/GICC)で大企業による参加者1.1万人規模のコンベンションが開催されたとのこと。この企業は3年前にもマカオで参加者8千人規模のイベントを開催しており、IPIMに対してマカオのMICEファシリティが世界レベルで充実しており、1万人規模のイベントを開催するにあたっての条件を満たす数少ない候補地に挙げたと説明。また、ホテル、MICE会場、観光資源が集中しており、参加者がコンベンション前後の時間に街の魅力を楽しめ、各方面との交通の便が良いことも3年ぶりのイベント開催地としてマカオを選んだ理由という。

 IPIMでは、今年マカオには1.6万人収容のエキジビション施設(上述のGICC)がオープンし、目下の総MICE会場面積は24万平米、総ホテル客室数は4万室となり、大小あらゆる目的のMICE需要に対応できるハードが揃うほか、ソフト面でも業界のプロフェッショナル化が進んでいるとし、より多くのMICE誘致につながる競争力が高まり、マカオ経済の多元的発展につながると期待を示した。

近日マカオで開催された参加者1.1万人規模のコンベンションの様子(写真:IPIM)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は7月18日、知人の男性から投資名目で預かった資金を詐取したとして30代の中国人…
  2.  マカオ治安警察局は7月18日、コタイ地区の統合型リゾート(IR)併設モール内にある衣料品店の試着…
  3.  マカオ治安警察局は7月18日、店舗のレジで行列に並んでいた2人の女性に対し、後方から下半身を押し…
  4.  香港とマカオの間では、従来から両地の通関施設において双方の永久性居民身分証(永住権保有者用IDカ…
  5.  マカオ国際空港運営会社にあたるCAMは7月19日、同日午前4時35分(現地時間、以下同)に離陸中…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun