マカオ警察が通報受け違法麻雀賭博店摘発…客を含む5人の身柄拘束

 マカオ治安警察局は6月13日、マカオ半島北部の黒沙環エリアにある店舗で違法麻雀賭博が行われているとの通報を受け、すぐに警察官を現場に向かわせ摘発したと発表。

 警察官が現場に到着し、立入検査を実施した際、まさに賭け麻雀が行われていたといい、店舗の責任者の男1人(50代のマカオ人)と客4人(男女各2人、50〜60代、すべてマカオ人)の身柄を拘束するとともに、自動麻雀卓2台及びゲーミングチップ等の証拠品を押収したとのこと。

警察が押収した証拠品(写真:マカオ治安警察局)

 店舗の責任者は警察の調べに対し、昨年(2022年)7月に自動麻雀卓2台を購入し、客にプレイさせていたが、客から費用は徴収していないなどと説明。一方、客によれば店内のゲーミングチップを現金代わりにやり取りし、店舗の責任者が1ゲームあたり10パタカ(日本円換算:約170円)、1時間あたり最大100パタカ(約1700円)の費用を天引きしたという。

 警察では、店舗の責任者を違法賭博場所経営罪、客についても麻雀賭博に参加したとして検察院送致済みとした。

 マカオで違法麻雀店の摘発は珍しいことではないが、このところ相次いでいる。

警察署に連行される違法麻雀賭博店の責任者と客ら=2023年6月13日(写真:マカオ治安警察局)

関連記事

最近の記事

  1.  マカオ国際空港運営会社のCAMは9月27日、港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設の制限エリア内…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)ザ・ロンドナー・マカオ内に入るコンラッドマカオ…
  3.  マカオは人口約67万人、面積約32平方キロという小さな街だが、世界遺産やカジノを核とした大型IR…
  4.  マカオ警察総局は9月27日に会見を開き、広東省及び香港の警察当局と合同で今年(2023年)6月1…
  5.  公立マカオ理工大学(MPU)ゲーミング&ツーリズム研究センターは9月26日、同月23日にマカオ青…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ」内に9月8日、新ホテル「W…
  2.  香港とマカオの間をおよそ1時間で結ぶ高速船「ターボジェット」及び「コタイウォータージェット」を運…
  3.  マカオの統合型リゾート(IR)運営大手のギャラクシー・エンターテインメント・グループ(GEG)は…
  4.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2023年10月号
(vol.124)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun