マカオ旅行中に強姦されたと虚偽通報、中国人の女逮捕…彼氏とのケンカが原因

 マカオ治安警察局は6月16日、中国本土からマカオを訪れていた中国本土出身の30代の女を虚構犯罪(狂言)で逮捕、検察院送致したと発表。

 6月14日午前、女から同局の緊急ダイヤルへ「コタイ地区にあるホテルの部屋で1人の男から強姦された」とする通報が寄せられたが、しばらくして同じ女が「警察官の支援は不要で、先ほどの通報を取り消す」と再連絡してきたとのこと。

 その後、警察官が詳しい事情を聞くため当該ホテル客室を訪ね、部屋にいた男女と接触し、女が通報者で、男は同行の彼氏だったことが判明。女は事の経緯について、最初の通報の前に彼氏とケンカをしたが、部屋から出ていくことを止められたため、感情に任せて虚偽の通報をするに至り、実際には強姦はなかったとし、その後に仲直りをしたことから、前の通報を取り消すため再度警察に電話をかけたなどと説明したという。

虚構犯罪で逮捕、検察院送致された女(写真:マカオ治安警察局)

 警察は今回の事件を受け、虚偽通報は警察力の浪費や司法秩序の妨害となるだけでなく、刑事責任を負うものであるとし(最大で禁固1年または120日分の罰金を科される)、身をもって試すようなことがないよう注意を呼びかけた。

 マカオでは、カジノで負けた人物が言い訳のため強盗被害に遭ったなどと通報する虚構犯罪がしばしば発生しているが、今回のようなカップル間の痴話喧嘩による事案は珍しい。

関連記事

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は9月27日、マカオ半島の南灣エリアにあるマンションの一室に複数の「換銭党」と呼…
  2.  マカオ司法警察局は中秋節・国慶節の大型連休を控えた9月27日、治安環境の浄化を目的に捜査員10人…
  3.  マカオ政府は9月29日、タイパ島の益隆爆竹工場跡周辺の整備計画及びマカオ半島永福圍・草堆街周辺の…
  4.  マカオ政府交通事務局(DSAT)は9月29日、広東省深圳市と港珠澳大橋マカオ側及び珠海側のイミグ…
  5.  マカオ半島旧市街地にある「福隆新街」一帯の歩行者天国化が中秋節にあたる9月29日からスタートした…

ピックアップ記事

  1.  香港とマカオの間をおよそ1時間で結ぶ高速船「ターボジェット」及び「コタイウォータージェット」を運…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  マカオの統合型リゾート(IR)運営大手のギャラクシー・エンターテインメント・グループ(GEG)は…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ」内に9月8日、新ホテル「W…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…

イベントカレンダー

香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2023年10月号
(vol.124)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun