マカオ大学、2023年マカオの経済成長率予測を上方修正

 マカオ大学マカオ研究センターと経済学部の研究チームは7月3日、2023年マカオマクロ経済予測の修正版を発表。インバウンド旅客数の回復が進む中、GDPなど主要経済指標が今年2月初旬の前回発表から上方修正されるかたちとなった。

 新たな予測値(前年比)は、実質経済成長率が47.0%、サービス輸出が101.2%、インフレ率が1.2%、総体失業率が2.6%、マカオ居民に限った失業率が3.3%、政府経常収入が765億パタカ(日本円換算:約1兆3680億円)など。

 研究チームによれば、マカオ経済に関する過去数ヶ月間の観察と分析に基づき、インバウンド旅客数の前提を見直し、マクロ経済予測を更新するに至ったとのこと。2023年のインバウンド旅客数は安定的に回復傾向を維持する見込みとし、具体的には第2四半期が645万人(コロナ前2019年の60%)、第3四半期が694万人(同65%)、第3四半期が690万人(同70%)とした。

 マカオは人口規模が小さく、カジノを含むツーリズムサービス産業が経済の大黒柱となっており、インバウンド依存度が極めて高い経済体という特徴がある。

マカオ大学が2023年マカオマクロ経済予測の修正版を発表、写真はイメージ(写真:University of Macau)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計・センサス局は7月19日、今年(2024年)5月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  2.  マカオ金融管理局(AMCM)は7月18日、今年上半期(2024年1〜6月)のマカオのモバイル決済…
  3.  マカオ治安警察局は7月20日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…
  4.  マカオ司法警察局は7月18日、車上荒らしで高級腕時計を盗み質入れしたとして20代のマカオ人の男を…
  5.  マカオ政府統計・センサス局(DSEC)は7月19日、今年(2024年)6月及び上半期(1〜6月)…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun