マカオ、新型コロナ新規感染者数の公表を毎日から週次に変更

 マカオ政府新型コロナウイルス対策センターは7月21日、中国本土及び近隣地区に倣い、(無症状感染者を含む)新型コロナの新規感染者数データの公表について、同日分から週次(毎週金曜日)に政府衛生局ホームページの新型コロナ特設コーナーに掲載する方式に改めると発表。

 マカオでは長きにわたってゼロコロナ政策を堅持してきたが、昨年(2022年)12月初旬に事実上のウィズコロナに転換。以降、防疫措置が段階的に緩和あるいは撤廃され、すでに水際措置及び日常生活はほぼ正常化している。

 マカオでにおける前回の大流行は年末年始にかけて終息し、今年1月8日からは風土病(Endemic)扱いとされた。以降しばらくは安定した状況をキープしてきたが、大流行から半年が経過したタイミングで集団免疫の低下によるリバウンド出現の兆候があるとし、5月21日から新規感染者数データが毎日公表されるようになっていた。発表方式の変更は約2ヶ月ぶりのこと。

 同センターが7月21日に公表した最新の週次新規感染者数データによれば、7月14〜20日の新規感染者数は316人だったとのこと。前回の毎日公表への変更前後は単日数百人に上っていたことから、状況が落ち着きつつあることがうかがえる。このほか、入院を要したケースは4人、死亡例はゼロだったという。

 同センターでは、今後も流行状況のモニタリングを継続し、実情に合わせてデータ公表頻度を見直すとしている。

マカオ政府衛生局(写真:GCS)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府労工事務局(DSAL)は7月13日午後、同日正午頃、マカオ半島皇朝エリアにあるビルで労…
  2.  マカオ司法警察局は7月12日、青年の男性客へ賭博用途のカネを高利で貸し付けた上、返済不能に陥った…
  3.  マカオ政府統計・センサス局は7月12日、今年第2四半期(2024年4〜6月)の観光物価指数が前年…
  4.  マカオではアフターコロナで社会・経済の正常化が進んだ昨年(2023年)から歩行者による禁止場所で…
  5.  きょう(7月12日)、マカオ半島歴史市街地区の世界遺産・セナド広場前にあるリッツビルにマカオの観…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  2.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun