第70回マカオGP開幕間近、公道レースのため交通規制やバス路線の変更に注意

 マカオで年に一度開催されるモータースポーツの祭典、マカオグランプリの開幕が間近に迫っている。

 今年(2023年)は70周年記念大会として2週末連続(11月11〜12日及び16〜19日)6日間にわたって開催されることになっている。

 マカオグランプリはマカオ半島に市街地中心部にある公道の一部を使用した「ギア・サーキット」(全長約6.2キロメートル)が舞台となることから、開催期間中は午前3時から当日のレース終了後しばらくまでサーキットに転用された道路が通行止めとなるほか、サーキット周辺で通行止めや一方通行の方向調整といった交通規制が実施され、多くの路線バスと統合型リゾート(IR)及びホテルのシャトルバスのルート、乗降場所が大幅変更となる。

 マカオ政府交通事務局(DSAT)などが11月3日に開いた記者会見で明らかにした内容によれば、迂回ルートへの変更、運行区間の短縮、バス停位置の移転の対象となる公共路線バスの路線数は全体の半数以上にあたる約50路線に及ぶとのこと。

 例年、グランプリ開催期間中のサーキット周辺は交通渋滞も激しさを増すため、市民や観光客の市内の移動に大きな影響が出ており、DSATでは、迂回ルートの情報収集と早めの出発を心がけるよう呼びかけた。

 今年については、2週末連続開催となるため、例年より注意を要する期間も長くなる。DSATによれば、混雑が予想されるのはマカオ半島北部と中央部、南部を結ぶ主要ルートにあたる羅理基博士大馬路、美副將大馬路、雅廉訪大馬路、俾利喇街、士多鳥拜斯大馬路で、過去の経験からキャパシティオーバーになることが明らかとし、特に11日と16日が最も混雑するとの見通しを示した。

 公共路線バスの臨時バス停及びルート、IR/ホテルのシャトルバス乗降場などについて、事前に交通事務局及び各施設のウェブサイトや現地の案内板などで確認しておきたい。

マカオグランプリビルで開催された第70回マカオグランプリ開催期間中の交通規制等に関する記者会見=2023年11月3日(写真:GCS)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は7月22日、いわゆる祈祷詐欺でマカオの高齢者女性から金品を詐取したとして中国人…
  2.  マカオ歴史市街地区の中心に位置する新馬路に面して建ち、1世紀の歴史を持つアイコン的存在の「新中央…
  3.  マカオでは世界的な健康意識の高まりを受け、マカオでは屋内公共エリア及び公園などの大半を禁煙とする…
  4.  マカオ治安警察局は7月22日、マカオ半島の北部の慕拉士大馬路にある工業ビル内の一室で違法麻雀賭博…
  5.  マカオ政府市政署(IAM)は7月22日、マカオの「古樹名木保護リスト」の更新を発表。新たに12株…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  4.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年8月号
(vol.134)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun