マカオで小児に多い発疹性の感染症「猩紅熱」流行拡大…当局が警戒呼びかけ

 マカオ政府衛生局(SSM)は12月6日午後、最近マカオにおいて「猩紅熱(しょうこうねつ)」の流行が拡大しているとし、保護者及び教育機関、託児所の関係者に対して警戒を呼びかけた。

 猩紅熱はマカオにおいて法律で届け出を義務づけられている感染症のひとつで、SSMのモニタリングデータによれば最近感染例の増加が続き、11月上旬には週平均8人だったが、前週は35人に上り、10月の週平均である約4人、前年同時期の週平均1人、コロナ前同時期の週平均20人を上回る状況とのこと。

 また、今年に入って以降、12月5日までのマカオにおける猩紅熱患者数は162人で、前年の同じ時期の23人から大幅増だが、2019年同時期の406人は下回っているとした。患者の男女比は2:1で、1〜9歳が患者全体の97%を占め、このうち10人が入院治療を要したが、すでに回復して退院済みで、重症化及び死亡例はゼロとした。なお、集団感染は発生していない。

 SSMによれば、猩紅熱はA群溶血性レンサ球菌が引き起こす急性呼吸器伝染病で、潜伏期間は一般的に1〜3日、感染者の唾液、鼻水との接触や咳、くしゃみの飛沫などによって感染が広がるもの。通年で感染の可能性があるが、冬から春にかけてが流行期で、2〜8歳の児童に多いという。主な症状は発熱、咽頭痛、いちご舌、皮膚発疹など。

マカオ政府衛生局(写真:GCS)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社がマカオ特別行政区の成立25周年を記念して…
  2.  マカオ政府交通事務局は5月17日、同月16日未明にタクシー助手席でのシートベルト着用をめぐるトラ…
  3.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社がマカオ特別行政区の成立25周年を記念して…
  4.  マカオ司法警察局は5月17日、同月16日にコタイ地区のカジノ施設にあるVIPルームを対象に実施し…
  5.  マカオ半島新口岸地区にあるカジノIR(統合型リゾート)サンズマカオ(澳門金沙)がきょう(5月18…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun