マカオの新公立病院「離島医療コンプレックス北京協和医院マカオ医学センター」がソフトオープン

 マカオの新公立病院「離島医療コンプレックス北京協和医院マカオ医学センター(離島醫療綜合體北京協和醫院澳門醫學中心)」(コロアン島・石排灣地区)で12月20日ソフトオープニングセレモニーが開催され、マカオ特別行政区の賀一誠行政長官らが施設参観を行った。

 同院はマカオ最大規模の複合医療コンプレックスで、敷地面積約7.6万平米、総建築面積43万平米を誇り、手術室の数は26室、離島リハビリテーション病院完成後の病床数は1000室超になるとのこと。設備についても国際レベルの最先端を揃うという。

「離島医療コンプレックス北京協和医院マカオ医学センター」を参観するマカオ特別行政区の賀一誠行政長官ら=2023年12月20日(写真:GCS)

 また、マカオで初めてとなる公私合同運営モデルを採用し、北京協和医院が運営、管理、サービス提供を担うことでも注目されている。北京協和医院は1921年にロックフェラー財団によって設立された歴史ある総合病院で、中国の名門医療機関のひとつに数えられる存在だ。北京協和医院が中国本土以外に進出するのは今回が初めてとのこと。

 同院は今後段階的にサービスを拡充し、正式オープン時期は北京協和医院の創設103周年記念日にあたる来年(2024年)9月16日の予定。

 なお、同院のソフトオープンにあたり、12月21日午前10時からコタイ地区の(私立)科大医院内に設置されていた(公立)仁伯爵綜合医院離島救急診療ステーションが同院の総合医院ビルG階へ移転した。これにより、マカオ消防局の救急車を呼んだ際の搬送先は(公立)新離島救急診療ステーション、マカオ半島の(公立)仁伯爵綜合医院と(私立)鏡湖医院の3ヶ所のいずれかとなる。

「離島医療コンプレックス北京協和医院マカオ医学センター」を参観するマカオ特別行政区の賀一誠行政長官ら=2023年12月20日(写真:GCS)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府交通事務局は5月17日、同月16日未明にタクシー助手席でのシートベルト着用をめぐるトラ…
  2.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社がマカオ特別行政区の成立25周年を記念して…
  3.  マカオ司法警察局は5月17日、同月16日にコタイ地区のカジノ施設にあるVIPルームを対象に実施し…
  4.  マカオ半島新口岸地区にあるカジノIR(統合型リゾート)サンズマカオ(澳門金沙)がきょう(5月18…
  5.  マカオ司法警察局は5月16日、マカオで商業ビルのレンタル会議室を宝飾品店に偽装し、マカオ人の男性…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun