マカオ、虹彩認証を用いたセルフ通関レーンの利用者数が累計100万人突破

 マカオ治安警察局は1月11日、中国本土との主要な陸路の玄関口にあたる關閘イミグレーションで昨年(2023年)第2四半期から運用している虹彩認証を用いたセルフ通関レーンの利用者数が同月8日に累計100万人を突破したと発表。

 虹彩認証対応のセルフ通関レーンは出境、入境ホールに各5レーン設置されており、利用対象はマカオ居民(マカオ居民IDカード保有者)に限られ、事前に同イミグレーション施設内にある専用端末または窓口で登録を済ませる必要があるが、同局によれば居民からの反応は良く、すでに16万人超が利用登録を済ませたとのこと。

 虹彩認証セルフ通関レーンが約半年にわたる実証実験を経て昨年10月21日に運用を開始。単日平均利用者数は10月21〜31日が7375人、11月が9017人、12月には1万0181人となり、居民の通関者数全体に占める割合はそれぞれ7.8%、9.5%、11.4%と着実に普及が進む様子がうかがえる。

マカオ・關閘イミグレーション施設で運用中の虹彩認証を用いたセルフ通関レーン(写真:マカオ治安警察局)

 近年マカオ政府はマカオ居民IDカードのスマートフォンアプリ対応(電子身分証)など通関利便性向上策を相次いで打ち出しており、アプリで生成される通関用二次元バーコードと虹彩認証を併用することで完全非接触型のセルフ通関(いわゆる「顔パス」)が実現している。同局では、これにより通関の安全性と効率性が顕著に向上したとしている。

 治安警察局と保安部隊事務局では、次の段階として他のイミグレーション施設にも適量の虹彩認証対応のセルフ通関レーンを増設する検討を行っているほか、ハードウエアのアップデート計画も同時に進めており、虹彩認証セルフ通関ゲートの通関効率と安全性の向上に継続して取り組んでいくとした。

マカオ・關閘イミグレーション施設で運用中の虹彩認証を用いたセルフ通関レーン(写真:マカオ治安警察局)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は5月29日、特殊詐欺(電話詐欺)の実行役としてマカオを訪れ、マカオの高齢者4人…
  2.  マカオで複数の統合型リゾート(IR)を運営するSJMリゾーツ社は5月29日、傘下のIR施設に入る…
  3.  マカオは長く本格的な鉄道が存在しなかったが、2019年12月に新交通システム「マカオLRT」タイ…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)は5月28日、このほど中国旅遊研究院がWeChatの公式アカウントへ…
  5.  マカオ保安司司長弁公室は5月28日に会見を開き、今年第1四半期(2024年1〜3月)の犯罪統計及…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun