香港空港直行フェリーの乗継所要時間最短65分に

マカオと香港の間を結ぶ高速船、ターボジェットを運営する信德中旅船務管理有限公司は7月21日、マカオの外港フェリーターミナルから香港国際空港のスカイピアへ向かう「ターボジェットシーエクスプレス」について、香港国際空港での乗継所要時間をこれまでの120分から最短65分へと大幅短縮したと発表。7月1日から導入済み。

現在、マカオの外港フェリーターミナルでは大幅な施設改良工事が進められており、今回の措置はターボジェットシーエクスプレス専用のチェックインカウンターがオープンしたことにより実現した。

これまで、マカオから香港国際空港へ直接乗り入れるフェリーを利用する場合、香港国際空港を出発するフライトの定刻120分前までに到着するのが条件だった。

今回、マカオ外港フェリーターミナルに設置されたチェックインカウンターでフライトのチェックインを行う場合、荷物の預け入れがある場合は香港国際空港到着後の乗継ぎ時間が最短80分、ない場合は最短65分に短縮される。ただし、マカオでフライトのチェックインが可能な航空会社は下記に挙げる一部に限られ、それぞれ条件も異なるため、すべての旅客が大幅な短縮と言う恩恵を得られるわけではない。また、マカオでフライトのチェックインを行う場合、手数料として20パタカを支払う必要がある。

マカオ外港フェリーターミナルでチェックイン可能な航空会社と最短乗継ぎ所要時間は下記の通り。
・全日空(NH)荷物預け入れ有:90分/手荷物のみ:65分
・キャセイパシフィック航空(CX)荷物預け入れ有:80分/手荷物のみ:65分
・チャイナエアライン(CI)荷物預け入れ有80分/手荷物のみ:65分
・香港ドラゴン航空(KA)荷物預け入れ有:80分/手荷物のみ:65分
・エバー航空(BR)荷物預け入れ有:80分/手荷物のみ:65分
・ガルーダインドネシア航空(GA)荷物預け入れ有無にかかわらず90分
・香港航空(HX)荷物預け入れ有:80分/手荷物のみ:65分
・香港エクスプレス航空(UO)荷物預け入れ有:80分/手荷物のみ:65分
・日本航空(JL)荷物預け入れ有無にかかわらず80分
・マンダリン航空(AE)荷物預け入れ有無にかかわらず80分
※マカオ外港フェリーターミナルのチェックインカウンター受付締切は出航30分前
※直行便のみ対象
※米国行きフライトは対象外
※日本航空はJL736、JL732、JL702、JL028便のみ対象
※タイパフェリーターミナル出発便は対象外

その他の航空会社の利用や上記航空会社利用でマカオ外港フェリーターミナルでチェックインをしない場合、従来通り香港国際空港のスカイピアにある各航空会社のチェックインカウンターでフライトの搭乗手続きを行う。スカイピアでチェックインする場合の乗継ぎ時間も、これまで一律で120分必要だったが、現在は一部の航空会社を除き、概ね110分に短縮されている。なお、ピーチ航空など、スカイピアにチェックインカウンターを持たない航空会社もあり、そういった航空会社を利用する場合はマカオから香港国際空港への直行フェリーを利用できない点にも注意が必要だ。

信德中旅船務管理有限公司によると、ターボジェットシーエクスプレスの香港国際空港とマカオを結ぶルートは2003年にサービスを開始して以来、これまでの10年間で累計約500万人の輸送実績があるとのこと。7月24日から同ルートの船内では無料Wi-Fi接続サービスを開始するなど、今後もサービスの向上に努めていきたいとしている。

ターボジェットシーエクスプレスのサービスについては、頻繁に運行スケジュールやルールの変更などが行われているため、利用の際は事前に念入りに情報収集しておきたい。

新たにオープンしたマカオ外港フェリーターミナルの空港線専用チェックインカウンター(写真:信德中旅船務管理有限公司)

新たにオープンしたマカオ外港フェリーターミナルの空港線専用チェックインカウンター(写真:信德中旅船務管理有限公司)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は7月22日、いわゆる祈祷詐欺でマカオの高齢者女性から金品を詐取したとして中国人…
  2.  マカオ歴史市街地区の中心に位置する新馬路に面して建ち、1世紀の歴史を持つアイコン的存在の「新中央…
  3.  マカオでは世界的な健康意識の高まりを受け、マカオでは屋内公共エリア及び公園などの大半を禁煙とする…
  4.  マカオ治安警察局は7月22日、マカオ半島の北部の慕拉士大馬路にある工業ビル内の一室で違法麻雀賭博…
  5.  マカオ政府市政署(IAM)は7月22日、マカオの「古樹名木保護リスト」の更新を発表。新たに12株…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年8月号
(vol.134)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun