イエロータクシー解散へ—マカオ政府が契約打ち切り

マカオ政府交通事務局の汪雲局長は11月2日、地元の宏益グループが運営する通称「黄的(イエロータクシー)」の特別タクシー営業ラインセンスについて、政府が契約を延長しないことを決定したことを明らかにした。宏益公司の持つライセンスは11月6日に失効することから、イエロータクシーは同日夜までの営業をもって解散となる。

イエロータクシーの台数は約100台あるが、このうち6割を無線呼び出しサービスに特化させ、残りの4割についても同様のサービスへと順次切り替えるという内容の契約で、今年(2014年)2月に営業ライセンスをの9か月間の臨時延長措置を政府から獲得していた。

イエロータクシーは地元の宏益グループがもともと無線配車タクシーとして営業を開始したが、タクシー不足の状況を緩和するため、いわゆる流しの営業も特例で認められてきた。しかし、住宅街にほとんど車両が流れてこないことなどもあり、障碍者、高齢者、子供連れなど、本来タクシー必要とする人達にとって利用しづらい状況にあった。

臨時ライセンス発給後、マカオ政府はすべてのタクシーを無線配車型とするようあらためて宏益グループ側へ要求を続けてきたというが、政府の基準を満たせなかったという。また、乗客へチャージする無線配車サービス料の加算についても、双方の間で折り合いがつかなかった模様。

交通事務局では、先に公開入札を実施した個人タクシーにあたる黒とクリーム色のツートンカラーの通称「黒的」200台の新増分うち100台を早ければ12月頭まで、残る100台についても来年(2015)1月までに市場へ投入することで、イエロータクシー解散による影響を軽減する考え。黒的も無線配車サービスを行っている。

今後について、当局では無線配車型タクシーサービスを行う特別タクシー営業ライセンスの公開入札を実施予定という。

宏益電召有限公司が運営する黄色い車体の無線タクシー(資料)―本紙撮影

宏益電召有限公司が運営する黄色い車体の無線タクシー(資料)―本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局の発表によれば、4月19日から同日からポルトガルとシンガポールのパスポート保有者…
  2.  マカオ司法警察局は4月19日、同月17日にマカオの公共の場所でフィリピン人とみられる男らが集まっ…
  3.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで開催中の「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカッ…
  4.  このほど、マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオのファミリープログラム…
  5.  マカオ政府統計センサス局(DSEC)は4月19日、2023年環境統計を公表。同年のマカオの陸地面…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun