富裕層顧客減でカジノVIPルームの統廃合進む見通し—マカオ

マカオの今年(2014年)10月の月次カジノ売上が対前年23%減となり、5ヶ月連続の前年割れとなった。この結果を受けて大手投資銀行が発表したレポートでも、第4季にかけてもVIPカジノ部門の正念場は続き、VIPルームを運営する一部仲介業者がゲーミングテーブルをクローズするだろうと予想している。地元有力紙「澳門日報」が報じた。

マカオのカジノ業界関係者は、VIPルームの運営業者は政策の変化に対応し、事業構造の変革を進めるとみる。コスト削減のためゲーミングテーブルを一時クローズするとされる大手仲介業者もおり、経営体力の乏しい中小運営業者の中には廃業を余儀なくされるところもあるだろうとし、今後、VIPルーム運営業者の約3割が統廃合するとの見通しを語っている。

この関係者は、VIPカジノ不振の要因として、中国本土の反汚職キャンペーンの影響により、主要顧客基盤となる富裕層のマカオ訪問が減っていることを挙げている。

VIPルームのゲーミングテーブル1台を運営するにあたり、約10名のスタッフが必要になるとされ、毎月の人件費は10万パタカ以上となることから、富裕層の顧客が減少する中、複数のテーブルを維持することが経営コストの圧迫につながっているという。大手業者の場合、一時クローズというかたちで需要が戻るまでゲーミングテーブルを確保できるが、中小業者が廃業した場合、テーブルは大家にあたるカジノ運営企業に返還される。カジノ運営企業はテナントにあたる別のVIPルーム運営業者を探すのが一般的だが、富裕層が減少している中、新たな業者を見つけるのは難しい現状だ。

なお、11月に入って以降、VIPルームの客足は若干復調しているという。すでに底を脱したとの見方もあるが、大幅反発とはいい難い状況で、しばらく正念場が続きそう。

カジノチップとバカラのゲーミングテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

カジノチップとバカラのゲーミングテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで4月15日から21日にかけて「ITTF(国際卓球連…
  2.  澳門海關(マカオ税関)は4月12日、各イミグレーション施設で検査体制の強化を図り、違法な運搬活動…
  3.  マカオ大学マカオ研究センターと経済学部は4月12日、2024年マカオのマクロ経済予測の修正版を発…
  4.  マカオは面積約32平方キロ(東京の山手線の内側の約半分に相当)という小さな地域だが、公共路線バス…
  5.  澳門海關(マカオ税関)は4月12日、同月10日に中国本土との主要な陸路の玄関口のひとつにあたる關…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun