第61回マカオGP閉幕 観客動員数8万人 小売業への波及効果も

11月13日から4日間にわたって開催された、マカオにとって年に一度のモータースポーツの祭典「サンシティグループ第61回マカオグランプリ」が16日夕方、無事閉幕した。マカオグランプリ委員会によると、4日間の観客動員数は約8万人で、60周年の記念大会で2週6日間の変則日程となった昨年との比較はできないが、同日程で開催された一昨年と比較して11.1%増となっている。

16日午後3時半から行われたメインレース「サンシティグループF3マカオグランプリ」には日本人レーサー3名が出場。最高位は山下健太(トムス)の9位、高星明誠(B-MAXレーシング)は18位、金丸悠(カーリン)はスタート直後のクラッシュでリタイアとなった。優勝はスウェーデンのフェリックス・ロゼンクビスト(ミュッケ)、同レース31年ぶりの女性レーサーとして参戦したタチアナ・カルデロン(ミュッケ)は13位。

地元メディアの報道によると、マカオグランプリ開催期間中、中国本土とマカオを結ぶ主要出入境施設、關閘ボーダーゲートの混雑が目立ち、通関に要する時間はマカオ側だけで最大1時間以上になったと模様。また、關閘ボーダーゲートのタクシー乗り場、カジノ行きシャトルバス乗り場でも長蛇の行列が続いたという。マカオ半島の観光名所、聖ポール天主堂前に近い土産物店では、客足は普段の週末の2、3割増で、1人で800パタカ(日本円換算:約1万2000円)以上購入する客も多かったとのこと。市内中心部のアパレル店では、客層は地元マカオと中国本土が半々、ダウンジャケットとスニーカーの売れ行きが好調で、客単価は約2000パタカ(約2万9000円)だったという。マカオタワー前の西灣湖広場で開催中のマカオフードフェスティバルについても、売上は昨年を上回っているという。小売関係者は、街全体がグランプリの華やかなムードに包まれたこともあってか、財布の紐が緩いようだと語る。

一方で、マカオグランプリは市街地レースとなることから、期間中は市内各所で交通規制が敷かれ、マカオの路線バスの半数以上で迂回運転やルートの短縮などが実施されるなど、市民生活には大きな支障も出た。毎年の恒例行事で、マカオ市民は不便に慣れているともいえるが、人口増、観光客の増が続いている中、今年の混雑は特にひどかったとの声も聞かれた。

山下健太選手(左写真)タチアナ・カルデロン選手(右写真:左)、金丸悠選手(右写真:右)=11月16日、マカオ・ギアサーキット—本紙撮影

山下健太選手(左写真)タチアナ・カルデロン選手(右写真:左)、金丸悠選手(右写真:右)=11月16日、マカオ・ギアサーキット—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)3月の住宅売買・…
  2.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカップマカオ…
  3.  マカオでは、政府とカジノIR(統合型リゾート)運営6社がコラボレーションし、域内の旧市街地エリア…
  4.  マカオ政府交通事務局は4月15日、電子決済の普及と使用が進む状況を鑑み、マカオ金融管理局及び公共…
  5.  マカオの統合型リゾート(IR)運営SJMリゾーツ社は4月16日、国際的に権威ある格付け機構として…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun