自称ギャンブルの女神 香港デモ現場で多額の現金盗難被害 マカオのカジノで指南役

香港各所で普通選挙の実現などを求めるデモ隊による道路封鎖が続いている。そんな中、11月15日の深夜、香港島のアドミラリティ(金鐘)地区でデモに参加していた女性から、多額の現場で現金が盗まれたとの通報が警察に入ったという。香港の日刊紙「アップルデイリー」が16日深夜、17日未明に配信した電子版で報じた。

被害を届け出た女性は42歳の呉(ング)さんで、自身が拠点にしているテントの中から8万香港ドル、8万人民元、8万マカオパタカ(総額日本円換算:約360万円)の現金と音楽プレーヤー、充電器などが無くなっているのに気づき、すぐに警察に通報したとのこと。現在、警察の刑事第8隊が窃盗事件として捜査を行っているというが、報道が出た16日深夜の時点で、まだ犯人は捕まっていない。

呉さんの話では、15日午後8時頃にデモ現場にある自身のテントを離れ、当日の深夜12時頃に戻ったところ、テント内に保管していた現金などが無くなっていたという。テントの入口は南京錠で施錠していたというが、何者かがテントを切り裂いて中に入った形跡があったという。

呉さんによると、自身はマカオのカジノで指南役として活躍しており、「カジノの女神(澳門東方不敗翠翠賭神賭后)」と呼ばれているという。多額の現金をテント内に保管していたことについては、マカオのカジノ業界に身を置く人間にとって、多額の現金を持ち歩くのは至って普通の行為だ、と話している。また、テント後方に設置した防犯カメラの映像も提供したとし、警察による真相究明を希望するとしている。

香港のデモ現場では、携帯電話や財布などを狙った盗難事件なども相次ぎ発生しているという。

多数のテントが並ぶ香港島・アドミラリティの道路封鎖現場(資料)=2014年10月18日—本紙撮影

多数のテントが並ぶ香港島・アドミラリティの道路封鎖現場(資料)=2014年10月18日—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで4月15日から21日にかけて「ITTF(国際卓球連…
  2.  澳門海關(マカオ税関)は4月12日、各イミグレーション施設で検査体制の強化を図り、違法な運搬活動…
  3.  マカオ大学マカオ研究センターと経済学部は4月12日、2024年マカオのマクロ経済予測の修正版を発…
  4.  マカオは面積約32平方キロ(東京の山手線の内側の約半分に相当)という小さな地域だが、公共路線バス…
  5.  澳門海關(マカオ税関)は4月12日、同月10日に中国本土との主要な陸路の玄関口のひとつにあたる關…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun