79日間続いた香港デモ隊の道路占拠に終止符=マカオでは返還記念日にデモ計画浮上

今年(2014年)9月末から2ヶ月以上に渡って香港市街地で続いてきたデモ隊による道路占拠だが、近日警察当局により相次いで大型拠点の強制撤去が実施されてきた。

香港警察当局は12月15日午前、デモ隊による最後の道路占拠エリアとなった香港島の繁華街、コーズウェイベイ(銅鑼灣)でバリケードなどの強制撤去に着手。また、午後には同じく香港島の政府庁舎の建ち並ぶアドミラリティ(金鐘)にある香港立法会敷地内で座り込みを行っていたデモ隊についても、職員や警備員らによる勧告を受け入れ、警察の介入なしに解散したという。79日間続いたデモ隊による道路占拠に終止符が打たれた。

香港警察当局によると、79日間の道路占拠期間中の逮捕者数は955人、自首した者は75人に上ったという。

中国中央政府の香港出先機関、中央人民政府駐香港特別行政区連絡オフィス(中連弁)の報道官は、香港警察当局による一連の強制排除を支持するとのコメントを発表。また、占拠行為は香港の法治を踏みにじる行動であり、社会秩序の厳重な破壊にあたるなど、今回のデモ隊の行動を厳しく批判した。

79日間に及ぶ香港の道路占拠に終止符が打たれたこの日、マカオの市民派政治団体「新澳門学社」がマカオの本部で記者会見を開き、12月20日のマカオ返還記念日に市街中心部でデモ行進を行うことを発表した。マカオの政府系放送局TDMが報じた内容によると、新澳門学社は香港のデモ隊と同様の政治改革、行政長官選挙への普通選挙の導入をテーマに掲げる予定とのこと。ただし、同団体の蘇嘉豪理事長は、参加者数は予測できないとコメントしたという。記者会見には同会派所属の呉国昌マカオ立法会議員らが同席した。

なお、12月20日はマカオ返還15周年記念式典、第4代マカオ行政長官就任式など開催され、中国の習近平国家主席がマカオを訪問することが決まっている。すでに、マカオ入管当局が香港の記者や道路占拠関係者の上陸を拒否しているとの報道もある。厳戒態勢の中、新澳門学社が計画するデモ行進が実現するか否かに注目が集まる。

多数のテントが並ぶ香港島・アドミラリティの道路封鎖現場(資料)=2014年10月18日

多数のテントが並ぶ香港島・アドミラリティの道路封鎖現場(資料)=2014年10月18日

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局の発表によれば、4月19日から同日からポルトガルとシンガポールのパスポート保有者…
  2.  マカオ司法警察局は4月19日、同月17日にマカオの公共の場所でフィリピン人とみられる男らが集まっ…
  3.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで開催中の「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカッ…
  4.  このほど、マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオのファミリープログラム…
  5.  マカオ政府統計センサス局(DSEC)は4月19日、2023年環境統計を公表。同年のマカオの陸地面…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun