「マルキュー」香港に海外1号店、渋谷カルチャーを発信=2015年秋、アジア最大規模のモール内

東京・渋谷の人気ファッションビルで、「マルキュー」の愛称で親しまれる「SHIBUYA109」が、海外第1号店を香港に出店することが分かった。オープン予定時期は2015年秋、出店場所は九龍半島の繁華街、尖沙咀(チムサーチョイ)の大型ショッピングモール「ハーバーシティ」内。

東急モールズディベロップメント社が12月22日に発表した内容によると、海外進出の理由として、リアルなファッションカルチャーの発信によるアジア地域を中心とした世界における「109」ブランドの知名度、ブランド力の向上、東急グループの本拠地である東京・渋谷地区へのインバウンド施策の一環であることなどを挙げている。

第1号店として香港を選んだ点については、1人あたりGDPがアジアトップ水準、年間5000万人超の入境旅客数、自由な金融市場と法律及び税制面の優位性、東アジアの中心という地理的条件など挙げ、将来的なASEAN地域への展開も見据えた選択という。

香港店は、ホテルや商業ビルなどが建ち並ぶ九龍半島の繁華街、尖沙咀の広東道に建つアジア最大の規模と売上規模を誇る大型ショッピングモール「ハーバーシティ」の3階フロア内にテナントとして入居する。売場面積は約250坪(約830平米)とコンパクトだが「SHIBUYA109の世界観を凝縮し、ブランドが持つカルチャーを体験いただける店づくりをしきたい」とのこと。主なターゲットは香港女性としながらも、ファッション市場規模の成長が著しい中国本土から香港を訪れる中間層の存在も見逃せないとしている。

香港は親日的なエリアとして知られ、コンビニエンスストアや駅売店にも日本の主要ファッション誌が並んでいる。日本のファッションブランドの進出も多い。

「SHIBUYA109」海外1号店が出店を予定している香港のショッピングモール「ハーバーシティ」外観(資料写真)—本紙撮影

「SHIBUYA109」海外1号店が出店を予定している香港のショッピングモール「ハーバーシティ」外観(資料写真)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  香港とマカオの間では、従来から両地の通関施設において双方の永久性居民身分証(永住権保有者用IDカ…
  2.  マカオ国際空港運営会社にあたるCAMは7月19日、同日午前4時35分(現地時間、以下同)に離陸中…
  3.  マカオ・コタイ地区の統合型リゾート(IR)シティ・オブ・ドリームズに併設する高級ホテル、グランド…
  4.  マカオ司法警察局は7月17日、海外からマカオへ国際クーリエを使って乾燥大麻を密輸したなどとしてマ…
  5.  マカオ治安警察局は7月18日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  3.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun