香港を訪れる中国人団体客激減、ディズニーランドツアー大幅値下げも=地元住民とのトラブル多発でイメージ悪化

昨今、香港各地で「水貨客」と呼ばれる中国本土からの買い出し客と地元住民の間の衝突が多発している中、華南地区の大手旅行社では、ここ半月の間に香港を訪れる団体ツアーの参加者が前年同期比3割超の急激な減少に見舞われているとのこと。

近年、中国とのボーダーに近い香港の新界エリアの繁華街に中国本土からの買い出し旅客が殺到し、生活必需品の品薄や価格上昇、交通機関の混雑などを引き起こしていることに対する地元住民の間で不満が高まっており、一部には取り囲みや暴言を浴びせるなどの暴力行為も見受けられる状況。

香港の日刊紙「明報」が3月23日付紙面で報じた内容によると、同旅行社の今年3月1日から20日までの間の香港・マカオツアー参加者は4596人で、前年同期比33%の大幅減、直近5年間で最低を記録したという。3月後半に入って盛り返しつつあるが、それでも月間で前年比4割超の減少を見込んでいるとのこと。同社関係者によると、人気の高い香港ディズニーランド公式ホテルに宿泊する1泊2日ツアーの価格を従来の2700人民元(日本円換算:約5万2000円)からおよそ3割の値下げとなる1880人民元(約3万6000円)で販売せざるを得ない状況という。

香港観光業議会総幹事の董耀中氏によると、中国本土旅客と香港住民との間でのトラブルが目立った影響を受け、3月初頭に香港を訪れた中国本土からの団体客は前年から1日あたり170組にまで落ち込んだという。前年は470組だったことから、かつてない激減だとしている。また、香港を訪れる中国本土団体客急減の理由について、一部による過激な「反貨水客」運動の影響により、香港全体が中国本土旅客を歓迎しない街というイメージを持たれたためとしている。

香港ディズニーランド・リゾートへ向かう鉄道の案内板(イメージ)=香港・MTR欣澳駅

香港ディズニーランド・リゾートへ向かう鉄道の案内板(イメージ)=香港・MTR欣澳駅

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)グランドリスボアパレス(上葡京)で4月22日、世界…
  2.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社は4月22日、マカオ特別行政区の成立25周…
  3.  マカオ政府統計センサス局(DSEC)は4月22日、今年(2024年)3月及び1〜3月累計の訪マカ…
  4.  マカオを中心にアジア、欧州で統合型リゾート(IR)施設の開発・所有・運営を行うメルコリゾーツ&エ…
  5.  マカオ治安警察局は4月21日、自動車の運転者と歩行者の安全を確保するため、マカオ域内の各所でキッ…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun