マカオ政府、米国・カナダのビザ免除待遇熱望も実現せず

マカオ政府身分証明局によると、同局が再三に渡って米国及びカナダに対して「中華人民共和国マカオ特別行政区パスポート(以下、マカオ特区パスポート)」をビザ免除プログラムの対象にするよう求めてきたというが、依然として全く前進が見られないという。

「マカオ特区パスポート」の表紙デザインは中国(本土)パスポートのデザインを踏襲しており、中国(本土)が赤、マカオは緑となっているほか、「マカオ特別行政区」という文字が付き、中国語とポルトガル語で併記されている点などが特徴。マカオパスポートはマカオ特別行政区の永久居留権を持つ中国籍の者が取得することができるもので、日本を含む世界114の国と地域でビザ免除またはアライバルビザ待遇を獲得するなど、中国(本土)パスポートとは異なる位置づけで運営されている。ちなみに、香港にもマカオ特区パスポート同様の表紙が紺色の香港特区パスポートが存在する。

マカオの政府系放送局TDMが3月30日朝のラジオニュースによると、身分証明局の歐陽瑜局長が米国側から得た報告の内容では、米国のビザ免除待遇の対象は「国家」であり、マカオのような「行政区域」は対象外であるとされたとのこと。また、マカオ特区パスポートによる米国及びカナダへの入国に必要なビザ申請に対する「却下率」が高く、両国がビザ免除待遇とする米国は却下率3%以下、カナダは同4%以下を3年継続するという要件に満たないことなどが挙げられていたという。

身分証明局では、ビザ免除待遇を勝ち取るためにはビザ申請の却下率を低下させる必要があり、マカオ特区パスポート保有者に対し、入国に際しビザ取得の必要がある国へ入国する際、当該国の要求に沿った家庭、就業状況などの情報を正確に申告するよう求めた。

なお、マカオにはポルトガルとの二重国籍者も多数おり、そのほとんどが個人でマカオ特別行政区パスポートとポルトガルパスポートを同時に保有している。両方のパスポートを持つマカオの人に話を聞くと、マカオ特区パスポートを使い米国や台湾へ渡航する際にビザが必要だが、ポルトガルパスポートなら米国、台湾ともにビザが不要なため、海外旅行の際はより便利なポルトガルパスポートを使うとしている。

左が多くの国や地域にビザなしで渡航可能なマカオ特区パスポート(資料)=マカオ基本法記念館にて—本紙撮影

左が多くの国や地域にビザなしで渡航可能なマカオ特区パスポート(資料)=マカオ基本法記念館にて—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局の発表によれば、4月19日から同日からポルトガルとシンガポールのパスポート保有者…
  2.  マカオ司法警察局は4月19日、同月17日にマカオの公共の場所でフィリピン人とみられる男らが集まっ…
  3.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで開催中の「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカッ…
  4.  このほど、マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオのファミリープログラム…
  5.  マカオ政府統計センサス局(DSEC)は4月19日、2023年環境統計を公表。同年のマカオの陸地面…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun